中平和水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中平 和水(なかひら かずみ、1924年8月27日 - 1993年12月29日)は、日本官僚。元警察庁刑事局長。

来歴・人物[編集]

高知県土佐市出身。1952年に中央大学法学部を卒業後、国家地方警察本部(現・警察庁)入庁。

徳島・三重・神奈川・大阪各警察本部刑事部捜査第2課長などを経て、1966年、警察庁刑事局捜査第2課理事官に。翌年、神奈川県警察刑事部長時代には、横須賀線電車爆破事件を解決。1971年、佐賀県警本部長を経て、1972年、警察庁刑事局捜査第2課長就任。1974年、同捜査第1課長、1975年、同長官官房総務課長警視庁刑事部長。以後、警視庁総務部長。

1979年3月、愛知県警察本部長時代には、愛知医科大学に絡む3億円強奪事件を解決に導いた。こうした刑事畑での功績もあって、“現場派”から警察庁刑事局長に就いた。1979年から1982年まで同刑事局長を務めた間には、ロッキード事件の指揮にも当たった。退官後は、阪神高速道路公団理事、日本レジャーカードシステム副社長、会長と歴任した。