中座真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 中座真 七段
名前 中座真
生年月日 (1970-02-03) 1970年2月3日(51歳)
プロ入り年月日 1996年4月1日(26歳)
棋士番号 219
出身地 北海道稚内市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 佐瀬勇次
弟子 谷合廣紀
段位 七段
棋士データベース 中座真
戦績
2016年7月1日現在
テンプレートを表示


中座 真(ちゅうざ まこと、1970年2月3日 - )は、将棋棋士佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号は219。北海道稚内市出身。妻は女流棋士中倉彰子

棋歴[編集]

稚内市立稚内南小学校時代に小学生将棋名人戦に出場し、4年時に3位、5・6年時にベスト8[1]。1981年に奨励会に入会。20歳で三段に昇段したが、四段に昇段できないまま5年が経ち、26歳の年齢制限が迫っていた。四段昇段できなければ退会する覚悟を決めて臨んだ第18回三段リーグ(1995年度下半期)は、最後の一局で敗れ12勝6敗で終了[2]。本人は諦めていたが、その後競争相手の3人[3]が全員敗れ、逆転で四段昇段が決まった[4][5]。その知らせを聞いた際、放心状態でその場に座り込んだ姿をとらえた写真が『週刊将棋』に掲載された[6]

プロ入り後[編集]

横歩取りにおける後手の戦法「横歩取り8五飛」(「中座飛車」とも)を生み出す。1号局は1997年8月26日の対・松本佳介戦であった。8四ではなく8五に引かれた飛車を見た松本は、「間違えて置いた」と思ったという[7]。1998年度升田幸三賞受賞。

第11期竜王戦(1998年度)で6組昇級者決定戦を制し、5組へ昇級。

第10期(2002年度)銀河戦で、決勝トーナメントに初進出(ベスト16で敗退)。翌年度の第11期でも決勝トーナメントに勝ち進み、ベスト8まで進出。

第61期(2003年度)順位戦のC級2組で8勝2敗の成績を収め、3位でC級1組への昇級を果たした(同時昇級は渡辺明と窪田義行)。

NHK杯では第55回(2005年度)で初めての本戦進出。1回戦では屋敷伸之に勝利した(2回戦で羽生善治四冠に敗北)。

プロ入り後、五段昇段に5年、六段昇段に6年近くを要した。しかし、第19期(2006年度)の竜王戦で5組ランキング戦を優勝&4組へ昇級すると、翌年度の第20期でも昇級者決定戦を制し3組へ昇級したため、2007年には竜王戦連続2回昇級の昇段規定によって、六段昇段後わずか16局(半年弱)での七段昇段を果たした。

一方、順位戦では第65期(2006年度)C級1組と、第66期(2007年度)C級1組で2連続の降級点を喫し、C級2組へ降級となった。

第49期(2008年度)王位戦でリーグに進出。2勝3敗でリーグ陥落となったが、渡辺明丸山忠久から勝ち星を挙げた。

第23期(2010年度)竜王戦3組で準優勝し、自己最高の2組へ昇級。第24期(2011年度)竜王戦2組で初戦から連敗し3組に降級。第28期(2015年度)竜王戦3組でも初戦から連敗し4組へ降級した。 順位戦では第70期(2012年度)のC級2組で3勝7敗と苦戦し、1回目の降級点を喫した。

しかし、2016年度に入ると復調を見せ、第29期(2016年度)竜王戦4組ランキング戦の準決勝で井上慶太九段に勝ち、3組へ復帰。さらに決勝でも塚田泰明九段に勝ち、4組優勝者として本戦トーナメントへ出場。2回戦で6組優勝者の青嶋未来五段に敗れた。

2019年度は年度全体で大不振に陥る。年度の全成績では3勝20敗の大幅な負け越しとなり、第79期順位戦C級2組では1勝9敗で2回目の降級点を喫すると、第32期竜王戦でも連敗を喫し4組へ降級となった。

2020年度も不振が続き、順位戦C級2組では第9局の時点で1勝8敗となり、順位の関係上、最終局を待たずして、降級点3でフリークラス編入となった。

2021年現在、竜王戦では4組に在籍しているが、森内俊之[8]を除いたフリークラスの所属棋士としては最高位となっている。

棋風[編集]

  • 勝敗よりも陣形や手筋の醜美にこだわる面がある。得意戦法の横歩取りについても「3つのG」と名付けた銀の位置を変えた陣形のパターンを用意している[9]
  • 実際に増田康宏四段との順位戦で、相手の居玉や悪形を咎める手筋を「わかっていたが、飛車の追い方がダサいと思い、指さなかった」と感想で述べている[10]
  • 叡王戦での豊島将之七段との対局でも、敵陣に飛車を打ち込む手を「ダサい手で指せない」として指さず、「俗手」「平凡手」「素人のような手」を嫌う傾向が強い[11]

人物[編集]

  • 女流棋士の中井広恵とは同郷の出身で年齢も同学年、かつ同門(佐瀬門下)である。四段昇段が決まった当夜、中座の実家に吉報を伝えたのも中井だった。
  • 血液型はA。
  • 2003年11月に女流棋士中倉彰子と結婚した[12]。長女、次女、長男の3人の子供がいる[13]
  • 年齢では、いわゆる「羽生世代」と呼ばれる棋士達と同世代である。
  • 同世代の1人で、中座が四段昇段を果たした三段リーグを最後に年齢制限で退会した瀬川晶司とは、その後瀬川にとって節目となる状況で対局している。
    • 2000年3月10日:第26期棋王戦予選 - アマ名人として出場した瀬川の対プロ初戦。中座が勝利。
    • 2009年5月15日:第81期棋聖戦一次予選 - 瀬川のフリークラスから順位戦C級2組への昇級を賭けた一戦。瀬川が勝利し、フリークラスからC級2組への昇級を果たす。
  • 喜怒哀楽を全身で表わす棋士であり、前述の放心状態でその場に座り込むエピソードのほか、対局中に頭をかかえたり、気合をこめて駒を打つなど感情を表に出す将棋を見せる[14]
  • 2009年に稚内市観光大使に就任[15]。将棋年鑑の「対局中の出前が全国どこからでも取れるとしたら何を頼みますか」というアンケートで、稚内の海鮮丼と回答している[16]
  • 弟子に谷合廣紀がいる。谷合が自身と同じように年齢制限が迫る中で迎えた三段リーグ(2019年度後期)で1勝3敗スタートになった際、「君が上がれないわけない」とメールを送り、その後谷合は13連勝し四段昇段を果たした[6]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 1981年11月 6級 = 奨励会入会
  • 1988年 初段
  • 1996年4月1日 四段 = プロ入り
  • 2001年8月17日 五段(勝数規定)
  • 2007年4月11日 六段(勝数規定)
  • 2007年9月20日 七段(六段昇段後竜王ランキング戦連続2回昇級) 5組優勝(第19期) → 4組3位(第20期) → 3組(第21期)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

著書[編集]

  • 横歩取り8五飛戦法(2001年2月、日本将棋連盟、ISBN 4-8197-0365-X)
  • よくわかる相掛かり(マイナビ将棋BOOKS)(2012年4月、マイナビ、ISBN 978-4-8399-4289-2)
  • 中座の横歩取り(マイナビ将棋BOOKS)(2015年5月、マイナビ、ISBN 978-4-8399-5570-0)

脚注[編集]

  1. ^ ある将棋ライターが選ぶ平成の名局十番
  2. ^ 勝った今泉健司は、12勝6敗で並んだが順位の差で涙を呑んだ
  3. ^ 野月浩貴、藤内忍(現・指導棋士)、木村一基
  4. ^ もう一人の四段昇段者は堀口一史座
  5. ^ その経緯は『将棋の子』(大崎善生・著)の冒頭に詳しく記されている
  6. ^ a b 【王手報知】伝説の写真…谷合廣紀三段の師匠・中座真七段はミラクル昇段
  7. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  8. ^ 2組所属中にフリークラス宣言を行った
  9. ^ 「中座の横歩取り」(株)マイナビ
  10. ^ [2015年6月19日 第74期順位戦 C級2組 1回戦 棋譜速報「週刊将棋」順位戦特集など]
  11. ^ [2015年6月26日 第1期叡王戦 七段予選 感想戦]
  12. ^ 中座真五段と中倉彰子女流初段が婚約
  13. ^ 中倉彰子さん 三者三様、成長したなあ
  14. ^ [2015年6月26日 第1期叡王戦 七段予選 ニコニコ生中継など]
  15. ^ 稚内市観光大使に中座真さん(将棋棋士)を委嘱
  16. ^ 全国どこからでも出前を取れるなら? 棋士が取りたい対局中の出前

関連項目[編集]