中日文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中日文化賞(ちゅうにちぶんかしょう)は、各分野で優れた業績を挙げ、文化の向上に寄与した個人・団体に中日新聞社より贈られる賞である。1947年日本国憲法の施行を記念して創設され、毎年、憲法記念日(5月3日)に受賞者が発表され、5月下旬に贈呈式が行われる。正賞の時計の他、副賞として200万円が贈られる。なお、授賞規定として中部日本地区に現住あるいは出身あるいは同地区を対象とする業績、貢献のあるものとされる[1]

受賞者[編集]

  1. 1948年(昭和23年):坂田昌一、高橋喜彦、杉本健吉西川鯉三郎
  2. 1949年(昭和24年):中山正東屋五郎城戸久山口誓子御木本幸吉
  3. 1950年(昭和25年):中島実、鈴木鎮一尾崎久弥、横井礼以、古橋廣之進
  4. 1951年(昭和26年):高木市之助、吉川秀男、平田義正、野田稲吉、浅井竹五郎、太田三郎、松尾宗吾、服部担風
  5. 1952年(昭和27年):岩崎憲、山本時男、福田宗一、メリー・エフ・スマイス、北川民次
  6. 1953年(昭和28年):江上不二夫、堀井隆、栗田元次加藤土師萌鬼頭鍋三郎
  7. 1954年(昭和29年):八木国夫、栗林数衛、山崎一雄、我妻碧宇
  8. 1955年(昭和30年):小笠原一夫、三浦孝次、野々村一男大池晴嵐、澤田文吉
  9. 1956年(昭和31年):能代清、橋本規明、岡本肇、加藤唐九郎猪谷千春
  10. 1957年(昭和32年):大島福造、関戸弥太郎、石田茂作丸山薫荒川豊蔵
  11. 1958年(昭和33年):高橋信次、金原淳、山岡荘八、河村喜太郎、田淵寿郎
  12. 1959年(昭和34年):村上氏廣、木羽敏泰、伊藤武雄、雨田光平石川栄次郎
  13. 1960年(昭和35年):宮川正澄、小林国夫、玉城肇、中村正義、赤堀鶴吉
  14. 1961年(昭和36年):永田雅宜、後藤修二、川口久雄、久野圧太郎、濱島辰雄、阿部珂山、中尾隆行
  15. 1962年(昭和37年):澄田正一、楢崎彰一、三好保憲、久曽神昇、慶松光雄、市野享
  16. 1963年(昭和38年):今永一、大沢文夫渥美かをる、荒田義雄、叶澤清介、後藤敬一郎、寺澤徹
  17. 1964年(昭和39年):渡辺金三郎、太田行人、野間三郎、松田好夫、山永光甫
  18. 1965年(昭和40年):日比野進、岡田博、岡部隆博、服部敏良、宮坂英弌、高橋勇
  19. 1966年(昭和41年):倉知与志、松沢勲、有住徹弥、矢橋六郎、小川博史
  20. 1967年(昭和42年):高木健太郎早川幸男、藤井制心、重松鷹泰、上田薫
  21. 1968年(昭和43年):赤崎兼義、鈴木旺、鈴木択郎、北出塔次郎
  22. 1969年(昭和44年):竹村彰祐、丹羽彌、西田亮三、卜部美代志、伊藤廉中山彰規
  23. 1970年(昭和45年):田内久、村地孝、岡本清郷、北川秀則、高光一也
  24. 1971年(昭和46年):山田弘三、宮地伝三郎、片桐正之、大久保道舟、鈴木青々
  25. 1972年(昭和47年):石塚直隆、柴田村治、静岡県衛生研究所、中野蘭疇、荻須高徳、野水信
  26. 1973年(昭和48年):伊藤洋平、吉田克己、後藤俊夫、岸義人、井上昭二、嶋谷自然、硲伊之助
  27. 1974年(昭和49年):蜂須賀養悦、瓜谷郁三、榊米一郎、矩幸成、藤田六郎兵衛
  28. 1975年(昭和50年):瀬木三雄、本陣良平、北野康、小谷剛、安藤幹衛、加藤卓男笠松茂
  29. 1976年(昭和51年):永津俊治、加藤範夫、大澤衛島田章三、蜂谷宗由
  30. 1977年(昭和52年):松本利貞、高山一男、杉浦明平、中村翠恒、萩原冬珉
  31. 1978年(昭和53年):長與健夫、赤澤堯、屋代雄三、小竹武夫藤枝静男、河本五郎
  32. 1979年(昭和54年):祖父江逸郎、西田尚紀、中村信一、三浦謹一郎、林董一、石田清
  33. 1980年(昭和55年):景山直樹、米山良昌、飛田武幸塚本快示平川敏夫明治村
  34. 1981年(昭和56年):石井歓、梅村清明、江口吾朗、杉浦衛、西田三好、森山啓
  35. 1982年(昭和57年):大場松魚、岡本白濤、野依良治、水島昭二、山田和生
  36. 1983年(昭和58年):井村徹岡本宏金谷晴夫、静岡県西部B型肝炎対策研究班、ヨハネス・ヒルシュマイヤー、室伏重信
  37. 1984年(昭和59年):井関弘太郎、近藤一義、佐治賢使、西塚泰章、森重文
  38. 1985年(昭和60年):伊東信行大澤省三、小松芳光、堀幹夫
  39. 1986年(昭和61年):大樋年朗岡崎恒子岡田節人川崎寿彦、堀川恭、松本亮
  40. 1987年(昭和62年):青木半治、岩喬、杉山達夫、鈴木蔵、日本中国文化交流協会、山下雄也
  41. 1988年(昭和63年):浅蔵五十吉、石崎宏矩、大西英爾、稲垣菘圃、阪口周吉、本多静雄
  42. 1989年(平成元年):青木國雄、鵜高重三、片岡球子寺井直次中西重忠前田恵学
  43. 1990年(平成2年):坂本信夫、竹田亮祐、樋口敬二岡井隆秋野不矩、加藤舜陶
  44. 1991年(平成3年):赤崎勇梅原猛、北出不二雄、杉田虔一郎内藤昌
  45. 1992年(平成4年):隅谷正峯竹市雅俊豊田穣、矢内原昇、山本尚
  46. 1993年(平成5年):河合雅雄柴田鋼造杉森久英、馬塲正三、堀田康雄
  47. 1994年(平成6年):飯田経夫、石浜明、小野武年、日高弘義、三谷吾一
  48. 1995年(平成7年):加藤釥、川北良造、外山淳治、永井美之益川敏英小林誠
  49. 1996年(平成8年):オーケストラ・アンサンブル金沢、熊澤孝朗、四方義啓、宮城谷昌光安田喜憲
  50. 1997年(平成9年):飯島宗一、井波唯志、杉浦昌弘立川武蔵村井正誠
  51. 1998年(平成10年):加藤孝造、寺尾俊彦、松下芝堂、山下興亜、リトルワールド
  52. 1999年(平成11年):伊藤京子、郡健二郎、藤澤肇、馬渕宏、山内一生
  53. 2000年(平成12年):斎藤英彦、中村宏樹、向井茂吉田知子、渡邉洋宇
  54. 2001年(平成13年):乾由明大澤映二神山征二郎、富永祐民、福井康雄
  55. 2002年(平成14年):飯島澄男、角野岩次、三田一郎、村松喬
  56. 2003年(平成15年):大峰巌、勝尾金弥榊佳之清水信義東松照明
  57. 2004年(平成16年):大野竜三、春日井建郷通子鈴木康夫平松礼二松沢哲郎
  58. 2005年(平成17年):加々美光行、川人光男、鯉江良二近藤孝男二村雄次
  59. 2006年(平成18年):高橋利忠、中川衛名古屋大学出版会、西村幹夫、西村いくこ、浜松交響楽団
  60. 2007年(平成19年):井形昭弘上村大輔清水信、祖父江元、山本眞輔
  61. 2008年(平成20年):遠藤守信、大島伸一、黒野清宇、辻真先山中伸弥
  62. 2009年(平成21年):清水義範早野龍五福山透藤森兼明
  63. 2010年(平成22年):高橋雅英、西のぼる、西田利貞丸岡啓二徳川美術館
  64. 2011年(平成23年):稲葉真弓、貝淵弘三、篠原久典、田渕俊夫、宮治昭
  65. 2012年(平成24年):荒川泰彦桜井武清水良典藤田六郎兵衛
  66. 2013年(平成25年):小澤正直神戸峰男堀江敏幸、松本邦弘
  67. 2014年(平成26年):熊倉功夫、加納俊治、松岡信、春田正毅
  68. 2015年(平成27年):天野浩坂口志文西川右近、堀田知光
  69. 2016年(平成28年):大栗博司梶田隆章北川透、森郁恵
  70. 2017年(平成29年):伊丹健一郎、木下直之、杉浦真弓、野村万作[2]
  71. 2018年(平成30年):西美緒、吉野彰東山哲也、松岡伶子

脚注[編集]

  1. ^ 「第69回中日文化賞候補者推薦のお願い」より
  2. ^ 第66回~第70回受賞者 中日新聞社