中村あゆみのオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

中村あゆみのオールナイトニッポン(なかむらあゆみのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送深夜番組オールナイトニッポン』の金曜2部(毎週金曜日27:00 - 29:00)で1985年4月6日から1987年1月30日まで放送されていたラジオ番組

概要[編集]

パーソナリティは、当時ちょうど自身の出世作である『翼の折れたエンジェル』がヒットしていた歌手中村あゆみ

全体的にコーナーは少なかった番組とされ、特に28:00(午前4時)台は普通のお便りや、リスナーから悩みなどの相談事、社会問題などについて意見を募集していた『傷だらけのエンジェル』コーナー、『LOVE』コーナーにほとんど時間を費やしていた。そしてこれらのコーナーでは、真剣に答えようとするあまり感情がモロに出てしまい、激しい言葉もよく出ていたとして、それが好評だったようである。女性リスナーも多く、はがきより封書が多かったといわれる[1]。これらのコーナーから発展する形で、1986年の夏には『トークライブVol.1』と題して、いじめ、自殺、校内暴力など様々な問題について22人のリスナーとの討論会を行っている[2]

最終回の放送は、放送前日の1987年1月29日にニッポン放送内のラジオハウス銀河(銀河スタジオ)で、司会に上柳昌彦アナ、ゲストに中村あゆみのプロデューサーであった高橋研を迎えて『中村あゆみトークライブ・これで終わりじゃないよ』と題して、リスナー約100人を招待して収録された。この日は『あゆみのよく使う言葉コーナー』が設けられ、ここで発表されたものによると、第3位は「てめえいい加減にしろよぉ」「お前ら」「あたしさぁ」、第2位は「お前なァ」「ぶっとばしてやる!」、第1位は「バカヤロォ―!」だった。ラストは、高橋研の弾くギターの生演奏に合わせ、中村がシングル曲『A BOY』を歌った[3]

本番組スタート当時の中村あゆみの年齢は18歳。これはオールナイトニッポンパーソナリティの中では、川村かおり1989年4月当時)、松浦亜弥2005年4月当時)と同じである。

主なコーナー[編集]

  • 変な奴コーナー
  • ファイトだ宮本
    (当時読売ジャイアンツ宮本和知投手がどうしたら強くなれるかを考えていたコーナー。この番組を聴いているから打たれてしまう、という噂があったらしい)
  • 傷だらけのエンジェル
  • LOVEコーナー
    など
    (出典:[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1986年7月号特集「オールナイトニッポン2部完全チェック」より。
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1986年10月号記事「白熱討論会!!中村あゆみのオールナイトニッポン・トーク・ライブ」
  3. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年4月号 8-9ページ記事「中村あゆみオールナイトニッポン・ラスト グッバイ!ミッドナイトキッズ」
オールナイトニッポン 金曜2部
前担当
鴻上尚史
中村あゆみのオールナイトニッポン
金曜 27:00 - 29:00
中村あゆみ
次担当
久本雅美