中村一徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

中村 一徳(なかむら かずのり、1964年 - )[1]は、宝塚歌劇団所属の演出家で同劇団の理事[2][3]大阪府出身[1]

略歴[編集]

1988年、同志社大学工学部機械学科を卒業後[1]、演出助手として宝塚歌劇団に就職[4]

1994年『サラン・愛』で演出家デビュー[4]

1996年『プレスティージュ』で大劇場作品デビュー[4]

宝塚歌劇団での仕事[編集]

作・演出[編集]

ショー・レビュー作品[編集]

  • グランド・レビュー『プレスティージュ』(1996年 月組 宝塚大劇場 主演:久世星佳 / 1997年 月組 全国ツアー 主演:真琴つばさ*大劇場デビュー作
  • グランド・レビュー『レ・シェルバン』(1997年 雪組 宝塚大劇場 主演:轟悠
  • グランド・レビュー『ラヴィール』(1998年 - 1999年 雪組 宝塚大劇場、TAKARAZUKA1000days劇場中日劇場 主演:轟悠)
  • グランド・レビュー『ザ・ビューティーズ!』(2000年・2001年 花組 宝塚大劇場、TAKARAZUKA1000days劇場・全国ツアー 主演:愛華みれ
  • グランド・レビュー『ダンシング・スピリット!』(2001年 - 2002年 宙組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、全国ツアー 主演:和央ようか
  • グランド・レビュー『LUCKY STAR!』(2002年 星組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:香寿たつき
  • グランド・レビュー『REVUE OF DREAMS』(2005年 - 2006年 月組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、中日劇場 主演:瀬奈じゅん
  • グランド・レビュー『ラブ・シンフォニー』(2007年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:春野寿美礼
  • グランド・レビュー『ラブ・シンフォニーII』(2008年・2010年 花組 中日劇場・全国ツアー 主演:真飛聖[5]
  • グランド・レビュー『ダンシング・フォー・ユー』(2008年 - 2009年 宙組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、中日劇場 主演:大和悠河
  • グランド・レビュー『Rhapsodic Moon』(2010年 月組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:霧矢大夢
  • グランド・レビュー『Shining Rhythm!』(2012年 雪組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:音月桂 / 2013年 雪組 中日劇場 主演:壮一帆
  • グランド・レビュー『Fantastic Energy!』(2013年 月組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、全国ツアー 主演:龍真咲
  • グランド・レビュー『My Dream TAKARAZUKA』(2014年 雪組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:壮一帆)
  • グランド・レビュー『Melodia -熱く美しき旋律-』(2015年・2016年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場・全国ツアー 主演:明日海りお
  • Show Spirit『Dramatic “S”!』(2017年 雪組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:早霧せいな
  • Show Spirit『“D”ramatic S!』(2017年 雪組 全国ツアー 主演:望海風斗
  • ダイナミック・ショー『Music Revolution!』(2019年 雪組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、全国ツアー 主演:望海風斗)
  • Show Stars『Ray -星の光線-』(2020年 星組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場、梅田芸術劇場メインホール 主演:礼真琴
  • ネオダイナミック・ショー『Music Revolution! -New Spirit-』(2020年 雪組 梅田芸術劇場メインホール 主演:彩風咲奈
  • レビュー・アニバーサリー『The Fascination!』-花組誕生100周年 そして未来へ-(2021年 - 2022年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:柚香光)*予定

ミュージカル作品[編集]

  • バウ・ロマン『サラン・愛―ムグンファの花に包まれて―』(1994年 花組 宝塚バウホール 主演:紫吹淳*演出家デビュー作
  • バウ・ロマン『大上海―グラン・シャンハイ―』(1995年 雪組 宝塚バウホール 主演:和央ようか)
  • バウ・ロマン『香港夜想曲』(1996年 - 1997年 花組 宝塚バウホール 主演:香寿たつき)
  • 歌劇『サラン・愛』(2002年 月組 全国ツアー 主演:紫吹淳)
  • ブロードウェイ・ミュージカル『雨に唄えば』(2003年 星組 日生劇場 主演:安蘭けい)*潤色・演出
  • ミュージカル『ファントム』(2004年 宙組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:和央ようか)*潤色・演出
  • ミュージカル『ファントム』(2006年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:春野寿美礼)*潤色・演出
  • ミュージカル『オクラホマ!』(2006年 月組 日生劇場 主演:轟悠)*潤色・演出
  • ブロードウェイ・ミュージカル『雨に唄えば』(2008年 宙組 梅田芸術劇場メインホール 主演:大和悠河)*潤色・演出
  • ミュージカル『ファントム』(2011年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:蘭寿とむ)*潤色・演出
  • ミュージカル『雨に唄えば』(2018年 月組 TBS赤坂ACTシアター 主演:珠城りょう)*潤色・演出
  • ミュージカル『ファントム』(2018年 - 2019年 雪組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:望海風斗)*潤色・演出

演出のみ[編集]

コンサート[編集]

  • TCAスペシャル2004『タカラヅカ90―100年への道―』(2004年 宝塚大劇場)*共同演出
  • エンカレッジ・スペシャルコンサート『Angels in Harmony』(2004年 宝塚バウホール、東京芸術劇場
  • Bow Singing Workshop(2016年 宝塚バウホール)[7]

ディナーショー[編集]

  • 稔幸ディナーショー『Crush on You』(1996年 宝塚ホテルパレスホテルホテルグランヴィア広島
  • 轟悠ディナーショー『L’hortensia de Juin』(1997年 ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
  • 和央ようかディナーショー『Blue Fantasia』(1998年 パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル、呉阪急ホテル)
  • 樹里咲穂ディナーショー『Shine It On』(2002年 新阪急ホテル、パレスホテル)
  • 彩輝直ディナーショー『RECUERDO』(2003年 宝塚ホテル、第一ホテル東京
  • 真飛聖ディナーショー『Sky Blue』(2005年 宝塚ホテル、博多全日空ホテル、第一ホテル東京)
  • 蘭寿とむディナーショー『Sensation』(2006年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 大空祐飛ディナーショー『SORA -空の奇跡-』(2008年 宝塚ホテル、東京會館
  • 遼河はるひディナーショー『GLITTER』(2009年 東京會舘、宝塚ホテル、ウェスティンナゴヤキャッスル
  • 『宝塚巴里祭2009』(2009年 花組 ホテルグランドパレス、ホテル阪急インターナショナル 出演:未涼亜希 他)
  • 壮一帆ディナーショー『So in Love』(2012年 ホテル阪急インターナショナル、第一ホテル東京)
  • 早霧せいなディナーショー『SS』(2013年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 沙央くらまディナーショー『SORRISO』(2015年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 沙央くらまディナーショー『KURAMA』(2016年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 礼真琴ディナーショー『MOMENT』(2018年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』(2019年 宝塚ホテル)
  • 『宝塚巴里祭2019』(2019年 雪組 ホテル阪急インターナショナル、宙組 パレスホテル東京 出演:愛月ひかる 他)
  • 彩凪翔 1Day Special LIVE『Sho-W!』(2020年 宝塚ホテル)

新人公演の演出(1995年以降)[編集]

演出助手(1994年以降)[編集]

1994年

1995年

  • 花組『哀しみのコルドバ』(柴田侑宏)
  • 雪組『あかねさす紫の花』(柴田侑宏)

1996年

  • 花組『花は花なり』(植田紳爾)
  • 雪組『エリザベート』(小池修一郎)
  • 星組『エリザベート』(小池修一郎)

1997年

(※1998年以降は演出補)

1998年

  • 香港公演『夢幻宝寿頌』(植田紳爾)
  • 香港公演『This is TAKARAZUKA!』(三木章雄)
  • 宙組『エリザベート』(小池修一郎)

1999年

  • 雪組『ノバ・ボサ・ノバ』(草野旦
  • 月組『ノバ・ボサ・ノバ』(草野旦)
  • 宙組『激情』(謝珠栄)

2000年

  • 宙組『砂漠の黒薔薇』(酒井澄夫)
  • 宙組『望郷は海を越えて(谷正純

2001年

2003年

  • 宙組『テンプテーション!』(岡田敬二)

2004年

  • 花組『飛翔無限』(植田紳爾)
  • 専科・雪組『花供養』(植田紳爾)

2005年

  • 月組『エリザベート』(小池修一郎)

宝塚歌劇団以外での仕事[編集]

  • OSK日本歌劇団 レビュー『春のおどり』
    • 2005年 第二部 『ダンシング・フォーリーズ!』(2005年4月2日〜10日 大阪松竹座
    • 2008年 第二部 『Dream Step!』(2008年4月18日〜26日 大阪松竹座)
    • 2010年 第二部 グランドレビュー『JUMPING TOMORROW!』(2010年4月3日〜11日 大阪松竹座)
  • 夜叉が池』(芝居部分の演出)(2005年10月29日 大阪・梅田芸術劇場、10月31日 東京・オーチャードホール)
  • 『Au Revoir TOKYO KAIKAN - また逢う日まで - 』(2015年1月31日 東京會舘・9階 ローズルーム)
  • 『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(2016年12月9日 - 18日 梅田芸術劇場メインホール、2017年1月8日 - 20日 Bunkamuraオーチャードホール)*演出のみ[13][14][15]
  • OSK日本歌劇団 レビュー『夏のおどり』「Brilliant Wave(ブリリアントウェーブ) - 100 年への鼓動 - 」(2017年8月31日 - 9月3日 新橋演舞場[16][17]
  • 一路真輝 35周年記念コンサート』(2017年9月8日 - 10日 シアタークリエ、9月17日 サンケイホールブリーゼ)*演出のみ[18]
  • 『Trois Violette』(2018年4月14日 - 19日 宝塚バウホール)[19][20]
  • 日本演劇協会創立70年 演劇人祭 宝塚歌劇『すみれファンタジー -宝塚歌劇105周年 名曲を綴って-』(2019年1月28日 新橋演舞場)[21]

ディナーショーの演出[編集]

  • NewOSK日本歌劇団『クリスマス・ディナー・ショー ファンタジック・レビュー』(2004年12月25日 奈良ロイヤルホテル)

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注[編集]

  1. ^ a b c ENAK SUMiRE STYLE 演出家・中村一徳;「非宝塚」が「超宝塚」になる魅力”. www.sankei.co.jp. 2020年12月25日閲覧。
  2. ^ https://twitter.com/onighillie/status/1131342415703371777”. 2021年1月23日閲覧。
  3. ^ TAKARAZUKA REVUE official promotional video "Sho-W!" - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月23日閲覧。
  4. ^ a b c 中村一徳が語る『Music Revolution!』の見どころ”. 2020年10月26日閲覧。
  5. ^ 全国ツアーでのタイトルは『ラブ・シンフォニー』
  6. ^ TAKARAZUKA1000days劇場、全国ツアーでのタイトルは『華麗なる千拍子』
  7. ^ 宝塚、入団9年以下の若手育成!来年6月から5組連続でバウホール・コンサート”. スポーツ報知 (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  8. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月4日閲覧。
  9. ^ 第15回 見どころはここ!新人公演シリーズをまとめてチェック~5月は椿火呂花主演の宙組「カステル・ミラージュ」”. www.tca-pictures.net. 2021年4月4日閲覧。
  10. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月17日閲覧。
  11. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月4日閲覧。
  12. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月4日閲覧。
  13. ^ Inc, Natasha. “「エリザベート」宝塚初演より20年、歴代キャスト競演のガラ・コンサート” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  14. ^ Inc, Natasha. “「エリザベート」ガラコン、小池修一郎「より円熟した新発見のあるものに」” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  15. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月4日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “95周年のOSK日本歌劇団、100周年に向けて和物&洋物レビュー” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  17. ^ Inc, Natasha. “公認されるくらい“暑く”、OSK日本歌劇団「夏のおどり」見どころは“足袋”” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “「一路真輝35周年記念コンサート」に花總まり、中川晃教、安蘭けい” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  19. ^ Inc, Natasha. “安寿ミラ・春野寿美礼・瀬奈じゅん競演「Trois Violette」演出は中村一徳” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  20. ^ Trois Violette | 梅田芸術劇場” (英語). www.umegei.comschedule. 2021年4月4日閲覧。
  21. ^ Inc, Natasha. “5年に1度の「演劇人祭」劇団新派、宝塚歌劇、坂東玉三郎らが祝賀芸能を披露” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。