中村亮介 (アニメ演出家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 亮介(なかむら りょうすけ、1976年5月27日[1] - )は、アニメーション監督、アニメーション演出家

経歴・人物[編集]

東京大学卒業後、1999年にマッドハウスに入社する[2](同期には同じく東大卒で現在サンライズプロデューサーの平山理志がいた[1])。『MONSTER』で監督助手を務め、『魍魎の匣』で初監督。現在はフリーの演出家として活動している。既婚。

原作物のアニメーションを手掛ける際には、原作に対して誠意を持って向き合い、作中のエッセンスを表現するために「原作に忠実であるよりも誠実に」という姿勢を心掛けている。雲井一夢の名義での活動もある[3]。座右の銘は「感謝」と「等身大の自分」[4]

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

映画[編集]

PV[編集]

  • Perfect Day (2011年) 監督・絵コンテ・演出

雲井一夢名義[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 特集『ねらわれた学園』中村亮介監督インタビュー 第1回 溢れる思いがこぼれ落ちるほどに……”. WEBアニメスタイル (2012年12月4日). 2020年6月4日閲覧。
  2. ^ アニメーション監督・中村亮介 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人”第7回)”. アキバ総研 (2016年12月3日). 2020年6月4日閲覧。
  3. ^ 世紀末オカルト学院#6 「文明の道程」 (1)”. 松風工房 (2010年8月17日). 2020年6月4日閲覧。
  4. ^ STAFF”. アニメ映画「ねらわれた学園」公式サイト. 2020年6月4日閲覧。