中村勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 勝
北海道日本ハムファイターズ #36
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県春日部市
生年月日 (1991-12-11) 1991年12月11日(27歳)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年8月11日
年俸 1,100万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 勝(なかむら まさる、1991年12月11日 - )は、埼玉県春日部市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は北海道日本ハムファイターズに所属。

愛称は中村やムラマサ、中村マー君、日本ハムに同名の先輩である武田勝齊藤勝がいたことから、「若い勝」「ヤング勝」、二軍マスコットのカビー・ザ・ベアーの命名による「まさるってぃ」「てぃー様」など。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

春日部市立武里中学校在校時には投手と遊撃手を担当し、投手として3年時にはKボールの県選抜で全国優勝する。第3回AAアジア選手権大会に日本代表として参加、香港戦で先発して勝利投手となり、チームは準決勝で台湾に敗退する。2007年春日部共栄高校に進学、2年冬にフォームを変え、3年生時の2009年春大会で、前年夏の甲子園に出場した本庄第一高を4安打完封する。夏も県大会2回戦の小松原高戦で4回を投げ初回先頭から9連続三振を含む11奪三振[2]、5回戦富士見高戦でも11奪三振完封[3]。しかし準々決勝の埼玉栄高校戦は9回2失点似抑えながら走塁中に発症したぎっくり腰の影響もあり敗退[4]

同年秋のドラフトで日本ハムに外れ1位で指名され、春日部共栄高校からは中里篤史以来9年ぶりの1位指名となった。

プロ入り後[編集]

2010年8月11日のロッテ戦で、5回3安打3四球6奪三振1失点で12球団同年の高卒ルーキーとしては初先発、初勝利[5]

2011年は一軍の登板は2試合の先発登板のみで勝利はなく、二軍では防御率2.59(リーグ4位)、8勝(リーグ3位)。2012年は7月19日のフレッシュオールスターで2回を4者連続を含む5奪三振、優秀選手賞を受賞し[6]、8月5日に1軍昇格し、9月2日に2年ぶりの勝利[7]、昇格後5試合の先発で2勝、防御率0.84[8]、10月31日の日本シリーズ第4戦で先発し、7回を無失点[9]

2014年は5月16日のロッテ戦で1勝目、24日の横浜戦でプロ初完封[10]。以後登録と抹消を繰り返しながら、9月9日のソフトバンク戦まで7連勝。この年はホームの札幌ドームで7勝、防御率2.00。11月には第1回21U野球ワールドカップにオーバーエージ枠で選出された[11]

2015年の1軍初先発登板は4月末で、4回途中5失点で敗戦投手。次の試合でも2回持たず二軍降格、8月に再び先発として一軍復帰し復帰2試合目で今季初勝利、次の試合で完投勝利するが、9月に二軍落ちしシーズン2勝(4敗)。2016年は、4月の2試合先発登板し0勝1敗で、一軍ではこの2試合の登板のみ、二軍ではチーム2位の7勝、投球イニングはチーム最多。2017年は5月末に一軍初登板、2試合目のDeNA戦で2年ぶりに一軍勝利した直後に右肘を故障、7月に内側側副靭帯再建術を受け[12]2018年8月9日の2軍戦で復帰登板する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 日本ハム 4 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 81 18.0 18 2 10 0 0 14 0 0 11 11 5.50 1.56
2011 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 47 11.0 10 1 4 0 0 7 0 1 3 3 2.45 1.27
2012 8 8 0 0 0 2 2 0 0 .500 184 45.1 36 2 16 0 1 29 1 0 10 9 1.79 1.15
2013 13 8 0 0 0 1 4 0 0 .200 192 44.0 46 3 25 0 3 18 1 0 25 25 5.11 1.61
2014 18 18 1 1 0 8 2 0 0 .800 420 97.1 89 12 48 0 5 43 1 0 43 41 3.79 1.41
2015 10 9 1 0 0 2 4 0 0 .333 218 49.2 41 5 33 0 3 26 0 0 23 23 4.17 1.49
2016 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 52 12.0 10 2 6 0 0 9 1 0 8 8 6.00 1.33
2017 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 48 10.0 9 2 9 0 1 4 0 0 5 5 4.50 1.80
通算:8年 59 53 2 1 0 15 16 0 0 .485 1242 287.1 259 29 151 0 13 150 4 1 128 125 3.92 1.43
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 36 (2010年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月23日閲覧。
  2. ^ “埼玉のダルだ!春日部共栄・中村が4回11K”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/15/kiji/K20090715Z00002270.html 2013年4月29日閲覧。 
  3. ^ ““埼玉のダル”中村 5球団視察で11K完封!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/24/kiji/K20090724Z00000050.html 2013年4月29日閲覧。 
  4. ^ ““春日部共栄のダル”中村…腰痛で散る”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/27/kiji/K20090727Z00002130.html 2013年4月29日閲覧。 
  5. ^ 日本ハムの投手としてもエースのダルビッシュ以来となる「高卒新人投手初登板初先発初勝利」を記録。直近では対戦チームの唐川侑己以来。週刊ベースボール2012年3月26日号 P58
  6. ^ ““埼玉のダル”中村 圧巻2回を5K完全!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/20/kiji/K20120720003715820.html 2013年4月25日閲覧。 
  7. ^ “中村「長かった」2年ぶり勝利 140キロ速球で快投”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/03/kiji/K20120903004030050.html 2013年4月25日閲覧。 
  8. ^ “ダル2世が救世主!中村好投でハム首位に0差”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/10/kiji/K20120910004082970.html 2013年4月25日閲覧。 
  9. ^ “20歳中村 兄貴分ダルばり7回0封「いい報告がしたい」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/01/kiji/K20121101004457030.html 2013年4月26日閲覧。 
  10. ^ “埼玉のダル・中村がプロ初完封!「背水枠」5年目やっと”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/25/kiji/K20140525008229080.html 2014年12月14日閲覧。 
  11. ^ “日本ハム・上沢らが代表に 11月の21Uワールドカップ”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/21/kiji/K20141021009142990.html 2014年12月14日閲覧。 
  12. ^ “中村勝投手手術のお知らせ”. 日本ハムファイターズ公式HPページ. (2017年7月3日). https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000343.html 2017年7月23日閲覧。 

関連項目[編集]