中村勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 勤 Football pictogram.svg
名前
愛称 キン
カタカナ ナカムラ ツトム
ラテン文字 NAKAMURA Thutomu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1943-07-27) 1943年7月27日(75歳)
出身地 広島県
身長 172cm
選手情報
ポジション FW
ユース
1957-1958 修道中学校
1959-1961 修道高等学校
1966-1969 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1962-1966 東洋工業 7 (0)
1968-1973 藤和不動産/フジタ 38 (14)
監督歴
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 勤(なかむら つとむ、1943年7月27日 - )は、日本の政治家。現・広島県安芸郡府中町議会議員

サッカー選手、JSL1部所属のフジタSC(現湘南ベルマーレ)元監督。

来歴[編集]

広島市立船越小学校、修道中学校・修道高等学校卒業。

修道中2年からサッカーを始める。修道高等学校時代は下村幸男監督のもと、森孝慈を中心としたチームで、吉田浩、若山待久と3トップを組み[1]、1961年国体優勝。更に全国高校サッカー選手権釜本邦茂二村昭雄を擁する京都府代表の山城高校を破り優勝、高校2冠を達成した。

高校卒業後、1962年東洋工業(現マツダ)へ入社。東洋工業蹴球部(のちのマツダSC、現サンフレッチェ広島)へ入部。1965年JSL初年度には右ウイングとして岡光龍三松本育夫桑田隆幸桑原楽之らとともにFWの一員として東洋工業の無敗優勝に貢献した。

4年後退社し早稲田大学へ進学[1]。釜本邦茂、森孝慈、大野毅松永章らと同大学ア式蹴球部の黄金期の一員を担い、1966年には東洋工業を全日本選手権(現在の天皇杯)で破り日本一に貢献[1]

大学在籍時に高校の先輩である黒木芳彦に頼まれて当時栃木4部リーグに在籍していた藤和不動産サッカー部に助っ人として参加[1]石井義信セルジオ越後比嘉セイハンらとプレー、突破力のあるウイングとしてチームをけん引[1]1973年のJSLでは得点ランキング3位(10得点)およびベストイレブンに輝く。1975年後期リーグからチームは親会社に転籍しフジタ工業クラブサッカー部と改称。

1976年藤和不動産の親会社であるフジタ工業(現フジタ)へ入社。石井義信の後を受けて1981年から1984年までフジタ監督。カルバリオ古前田充今井敬三池内豊手塚聡野村貢らを擁し、1981年のJSL優勝。

その後はサッカーから離れ社業に専念していた。

1993年、Jリーグ入りを目指すベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に出向、チーム総括部長に就任した。同年ジャパンフットボールリーグ(旧J1)で優勝し、同年末にJリーグ入りを果たす。1994年の天皇杯優勝も経験した。

その後は地元に帰り、2000年9月に府中町議会議員に初当選し、現職。

また、小沢通宏が総監督をつとめる安芸府中サッカースポーツ少年団のコーチとして活躍した。

議員歴[編集]

  • 2000年9月  府中町議会議員 初当選
  • 2003年9月  平成14年度決算審査特別委員会委員長
  • 2006年3月  平成18年度予算委員会委員長
  • 2006年9月  自治制度特別委員会委員長
  • 2008年10月 第45代府中町議会議長(2年間)
  • 2010年10月 第46代府中町議会議長(2年間)
  • 2012年10月 第47代府中町議会議長(2年間)

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1965 東洋 24 JSL 7 0 -
1966 東洋 24 JSL 0 0 -
1968 藤和 栃木4部 -
1969 藤和 栃木1部 -
1970 藤和 関東 -
1971 藤和 関東 -
1972 藤和 JSL1部 -
1973 藤和 JSL1部 10
1976 フジタ JSL1部 -
通算 日本 JSL 38 14
総通算

個人タイトル[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1981 JSL1部 フジタ 優勝 18 27 11 5 2 準決勝 2回戦
1982 JSL1部 フジタ 4位 18 20 8 4 6 優勝 準優勝
1983 JSL1部 フジタ 3位 18 21 7 7 4 1回戦 準決勝
1984 JSL1部 フジタ 6位 18 18 6 6 6 準々決勝 準決勝

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「我ら!〇〇世代」『御三家』世代 『週刊サッカーマガジン』2011年2月15日号 ベースボール・マガジン社、62頁

参考資料[編集]

関連項目[編集]