中村哲 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら てつ
中村 哲
本名 中村 哲(なかむら さとし)
生年月日 (1908-09-19) 1908年9月19日
没年月日 (1992-08-03) 1992年8月3日(83歳没)
出生地 カナダの旗 カナダバンクーバー
死没地 日本の旗 日本東京都清瀬市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優声楽家声優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1941年 - 1984年
配偶者 中村サチ(妻)
テンプレートを表示

中村 哲(なかむら てつ〈本名は「さとし」〉、1908年9月19日 - 1992年8月3日)は、カナダバンクーバー出身の日本の俳優声楽家

来歴・人物[編集]

父は日本からの移民で山林業を営んでいた。ハイスクール時代から声楽家を目指し、音楽アカデミーに入学、卒業後はバリトン歌手として放送に出演して、リサイタルを開くまでになる。1940年に訪日、日活映画演技研究所に入り、1941年10月に卒業。この間、青山青年会館で開いたリサイタルでオペラ歌手の藤原義江に認められたことから、同年11月、歌舞伎座での藤原歌劇団第14回公演の『カルメン』のエスカミリオ役で出演する。

1942年1月に東宝の専属俳優となり、1943年の『阿片戦争』から脇役として映画出演を始め、1944年にはフィリピン・ロケの大作『あの旗を撃て』に通訳を兼ねて出演。戦後も多くの東宝作品に出演する一方、『東京ファイル212』や『二人の瞳』といった日米合作映画のはしりとなった作品にも登場。

1953年に藤原歌劇団の渡米公演に参加した後は映画に専念し、日米合作映画や東宝の特撮映画といった国際的な作品に出演した。1971年の『レッド・サン』では主演の三船敏郎の主君役である日本国大使の坂口備前守を演じ、アラン・ドロンチャールズ・ブロンソンとも共演している。

フォーク・グループピーター・ポール&マリー1967年に行われた2回目の来日公演において、会場MCの吹き替えを担当。この模様はライブアルバム「ピーター・ポール&マリー イン・ジャパン」に収録。長く廃盤となっていたが、2012年紙ジャケット仕様にてCD復刻された。

1992年8月3日午前0時47分に心不全の為、東京都清瀬市の病院で死亡(享年83)[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 悪の紋章 第16話・第26話(1965年)
  • 土曜日の虎 第7話「黒いドック」(1966年)
  • コメットさん 第33話「いじわる合戦」(1967年) - タイキン教授
  • 平四郎危機一発 第11話(1967年)
  • バンパイヤ
    • 第13話「消えた王女」
    • 第16話「人間狩り」
    • 第17話「パンク・マシン大作戦」(1969年) - 警視総監
  • 東京バイパス指令
    • 第46話「死神の爆走」(1969年)
    • 第52話「スパイは貴方のそばにいる」(1969年)
  • レインボーマン
    • 第3話「レインボー・ダッシュ・7」
    • 第4話「マカオの殺人ショウ」(1972年) - カリモス
  • 太陽にほえろ! 第27話「殺し屋の詩」(1973年)

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞1992年8月4日朝刊27面