中村善策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 善策
(なかむら ぜんさく)
生誕 中村 善作(なかむら ぜんさく)[1]
1901年12月29日[2]
北海道小樽市[2]
死没 (1983-04-27) 1983年4月27日(81歳没)
東京都千代田区[2]
国籍 日本の旗 日本
教育 小樽洋画研究所[2]
川端画学校[2]
出身校 神戸YMCA外国語学校英語科[2]
著名な実績 洋画[1]
受賞 日本芸術院賞
1968年 「張碓のカムイコタン」
[2]勲四等旭日小綬章
1978年
[2]
選出 日展参事(1980年)[2]
一水会運営委員[2]
活動期間 昭和 - 平成時代[3]
この人に影響を
与えた芸術家
安井曽太郎[2]

中村 善策(なかむら ぜんさく、1901年12月29日 - 1983年4月27日[3])は、日本画家北海道小樽市生まれ。風景画の分野で優れた作品を多く残したことで知られる。本名は中村 善作(なかむら ぜんさく)[1]

作風[編集]

中村の風景画は写実を基にし、明るく開放感にあふれている。「善策張り」といわれるその画風は、荒々しい原始的な自然ではなく、人々の暮らしのなかで見られる人間味にあふれた風景が特徴となっている。

なお、中村の戦前二科展時代の作品は1945年4月の空襲により全て消失している[2]

略歴[編集]

主な作品[編集]

  • 『けむり』(1937年
  • 『海港の秋』(1946年
  • 『秋の原始林と沼』(1966年
  • 『カムイコタン夏日』(1970年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 美術人名辞典. "中村善策(読み)なかむら ぜんさく". コトバンク. 2018年7月21日閲覧. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 東京文化財研究所:「中村善策」(2015年12月14日)、2018年7月21日閲覧。
  3. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』795頁。
  4. ^ 『朝日新聞』1969年4月9日(東京本社発行)朝刊、14頁。

参考文献[編集]

  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ、2012年。

関連項目[編集]

  • 小樽市立小樽美術館(「中村善策記念ホール」がある)