中村国昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 国昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県津久見市
生年月日 (1947-02-28) 1947年2月28日(71歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1970年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

中村 国昭(なかむら くにあき、1947年2月28日 - )は、大分県津久見市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

津久見高では1963年、2年生の時に三塁手として、エース高橋直樹を擁し第45回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦で中京商に3-4で惜敗した。高校同期に池田重喜投手がいる。

高校卒業後は、池田とともに社会人野球日本鉱業佐賀関に入団。1966年プロ野球第一次ドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名されるもこれを拒否し、会社に残留する。1967年都市対抗野球に出場し、1回戦で電電東北を降す。しかし2回戦で日本コロムビアに9回2死から逆転サヨナラ負け。

1969年オフにアトムズドラフト外で入団し、開幕試合にもルーキーながらスターティングメンバーとして出場した(ヤクルト球団の「新人野手開幕試合スタメン」はこれ以降、2010年荒木貴裕まで現れなかった)。1973年には武上四郎の故障もあり、開幕から二塁手として起用され91試合に先発出場。1974年には武上が復帰したが、一塁手も兼ね自己最多の9本塁打を放つ。1975年も内野のユーティリティプレイヤーとして110試合に出場した。

しかしその後は出場機会が漸減、1978年三浦政基との交換トレードで、日本ハムファイターズに移籍。同年は二塁手として44試合に先発するが、打撃面で振るわず、翌1979年限りで現役を引退した。

その後、2005年に故郷である大分に社会人野球クラブチーム大分ソーリンズ野球倶楽部を結成し、監督に就任した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 ヤクルト 32 76 71 3 11 1 1 0 14 6 0 1 1 0 3 0 1 19 2 .155 .200 .197 .397
1971 49 97 87 8 23 4 0 3 36 14 0 0 4 0 6 0 0 22 2 .264 .312 .414 .726
1972 63 178 148 22 39 7 1 4 60 23 5 5 5 4 21 0 0 36 4 .264 .347 .405 .752
1973 121 336 300 27 64 10 0 4 86 21 2 7 14 1 21 0 0 56 7 .213 .264 .287 .551
1974 90 304 266 37 63 11 2 9 105 27 6 4 1 1 35 0 1 62 5 .237 .327 .395 .721
1975 110 365 329 28 89 11 3 4 118 26 6 8 6 3 25 1 2 54 3 .271 .323 .359 .682
1976 57 190 168 19 37 11 1 1 53 9 0 1 5 1 14 0 2 24 4 .220 .286 .315 .602
1977 36 89 82 8 14 3 0 3 26 6 0 2 1 0 6 1 0 11 5 .171 .227 .317 .544
1978 日本ハム 66 175 155 16 27 5 0 2 38 12 3 0 4 1 14 0 1 35 1 .174 .246 .245 .491
1979 11 9 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .111 .111 .111 .222
通算:10年 635 1819 1615 168 368 63 8 30 537 144 22 28 41 11 145 2 7 320 33 .228 .292 .333 .625

背番号[編集]

  • 44 (1970年 - 1975年)
  • 9 (1976年 - 1977年)
  • 26 (1978年 - 1979年)

関連項目[編集]