中村大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
なかむら だいき
中村 大樹
プロフィール
本名 中村 大樹[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1962-12-25) 1962年12月25日(58歳)
血液型 A型[3]
職業 声優
事務所 81プロデュース[2]
公式サイト 中村 大樹|株式会社81プロデュース‐声優プロダクション
公称サイズ([3]時点)
身長 / 体重 170 cm / 58 kg
活動
活動期間 1981年 -
デビュー作宇宙戦艦ヤマト 完結編』(兵士C)[4][5]
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中村 大樹(なかむら だいき、1962年[6]12月25日[2] - )は、日本男性声優東京都出身[2]81プロデュース所属[2]

来歴[編集]

相洋高等学校[7]時代、『3年B組金八先生』や『熱中時代』などのテレビドラマが大好きで、教師の道を志して大学を受験するも失敗し、予備校に行こうかと思って案内を見ていたところ、宝映テレビプロダクションのタレント養成所の広告を発見する[4]。「俳優になれば、先生の役ができるなぁ」と思い、芝居の道に入った[5]。しかし、10か月後にはカッコいい人や可愛い女の子が仕事をもらって出ていくのを見て、「なんでオレはここにいるんだ?」という気になり、真剣に芝居の勉強をするために演劇雑誌テアトロ』にて劇団青社の記事を見つけ、正所属となる。舞台をやりながら俳優の仕事をしていた頃、アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト 完結編』の兵士C役で声優デビューし、『赤い光弾ジリオン』のデイブ役で初レギュラーとなる[4]

1989年の『鎧伝サムライトルーパー』の放送時に結成した声優ユニットNG5」のメンバーの1人となり、高い人気を得る。

死去した松尾銀三山口健から持ち役の一部を引き継いでいる。

以前はアーツビジョンに所属していた[7]

声優学校講師としても活躍している。

人物[編集]

声種バリトン[8]

筋肉質で太めの男性役で知られる[9]

同じ事務所の千葉繁とは家も近所で、公私とも世話になり、尊敬している[5]

鎧伝サムライトルーパー』の伊達征士に「カボチャが好き」という設定があったため、当時のファンからカボチャが大量に送られてきた。しかし、中村本人はそれほど好きではなかったため、困ったことがある[要出典]

たびたび共演者に「大樹さんは真面目」と言われる。本人によればコメントのときはアドリブが利かないという。また、逆に『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の収録の際は3つほどアドリブを考えてきたと語る[10]。『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』で声を演じていたタンカーが1クール目の最後で散ったことを悔やんでいたという。シリーズに関しては、しばしば「初期シリーズの頭から撮り直してまたやってほしい」と思い入れを語っているという[10]

一人っ子である[11]。趣味・特技は殺陣ボクシング[2]。好きな言葉は「真実」。理由は「本当にそういう気持ちで台詞を言えば、いい芝居が出来るから」だという[5]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
  • エスパー魔美(1988年 - 1989年、中学生A、美術部員、優介、佐木)
  • F-エフ
  • それいけ!アンパンマン(1988年 - 2021年、げんこつくん〈2代目〉、ニンジンさん〈2代目〉、ぎんいろまん、おべんとうまん、ジョーカー〈3代目〉、はちみつおじさん〈初代〉、セロリくん、ヒヤリケンシュタイン、まつたけまん〈2代目〉、ゆずじいや〈3代目〉)
  • 鎧伝サムライトルーパー(1988年 - 1989年、伊達征士 / 光輪のセイジ
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2014年
2016年
2017年
2018年
2019年
  • MIX(間崎竜一)
2020年

劇場アニメ[編集]

1983年
1988年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2008年
2012年
2013年
2017年

OVA[編集]

1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2008年
2010年
2011年
2012年
2014年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年
2018年
2019年
2020年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

CD[編集]

ドラマCD[編集]

BLCD[編集]

  • おさかなはあみの中(東石)
  • 重ねる指先(岸本仁司)
  • 豪華客船で恋は始まる 4(ベリーニ)
  • 月齢・15 不穏分子定数〜聖戦〜(日吉佑司)
  • こちらポーラスター旅行社です!!(津田)
  • ごはんをたべよう 3(泰彦)
  • 勝負は時の…運だろ?(赤堀七)
  • タクミくんシリーズ そして春風にささやいて(野崎大介)
  • ダブル・ハート(リュウ・アレクダンダー
  • BE HAPPY! 〜常盤家の人々〜(常盤過)
  • 富士見二丁目交響楽団(飯田弘)
    • 赤い靴ワルツ
    • 第2部 外伝 八月十二日(晴れ)

音楽CD[編集]

  • ACT #1 ソロアルバム
  • 賢者の選択 ソロアルバム
  • シークエンス イメージアルバム
  • 小説 〜Roman〜 ソロアルバム
  • 鎧伝サムライトルーパー シリーズ(伊達征士 / 光輪のセイジ)
    • 鎧伝サムライトルーパー 君を眠らせない
    • 鎧伝サムライトルーパー BEST FRIENDS
    • ドラマCD 鎧伝サムライトルーパー 天空伝
    • ドラマCD 鎧伝サムライトルーパー 水滸伝
    • ドラマCD 鎧伝サムライトルーパー 光輪伝
    • ドラマCD 鎧伝サムライトルーパー 月

映画[編集]

バラエティ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • G-SAVIOUR サウンドシネマ版(アンディ・シンクレア)

人形劇[編集]

ボイスオーバー[編集]

CM[編集]

  • バイク王&カンパニー ラジオCM(ナレーション)
  • ビーストウォーズ超生命体トランスフォーマー サイバトロン軍団大百科 / デストロン軍団大百科 テレビCM(ライノックス)

舞台[編集]

  • 八神 庵LIVE!-ALONE-(1999年、桑原浩一)
  • フェドー劇場公演「オールウェイズ〜again」(2011年) - クランシー・ウィガム署長 役
  • 劇団東京トライアングル第4回本公演「はじめまして、お父さん?」(2016年)
  • 劇団軌跡公演
    • 第4回番外公演「煙が目にしみる」(2013年)
    • 第23回公演「見果てぬ夢」(2015年)
    • 第27回公演「おい!オヤジ。」(2017年)

その他コンテンツ[編集]

  • じーさんけつけずり(音声ギミック)
  • 小学館 うごくまんがデジコロ「でんぢゃらすじーさん邪」(じーさん
  • クレジット教育動画教材『風の惑星〜GALE〜』(王様 / ゲール星の王、依頼者[32]
  • オーディオブック「勇者に期待した僕がバカでした」(2020年、ゴルディアス魔王ほか[33]

出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』(1999年)、 『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード[22](2003年)、『伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』(2006年)、『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』(2013年)、『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(2014年)、『爆睡!ユメミーワールド大突撃』(2016年)
  2. ^ 爆発!温泉わくわく大決戦』(1999年)は別掲とした。
  3. ^ 『侍魂』(1997年)、『アスラ斬魔伝』(1998年)、『甦りし蒼紅の刃』(1999年)、『2019』『侍魂オンライン-朧月伝-[27](2019年)

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2019年版)』VIPタイムズ社、2019年1月26日、271頁。ISBN 978-4-904674-10-9。
  2. ^ a b c d e f 中村 大樹|株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 中村 大樹”. 日本タレント名鑑. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c 鈴木倫太郎編「ジ・インタビュー 中村大樹」『月刊OUT 1990年3月号』みのり書房、平成2年(1990年)3月1日、雑誌01587-3、28-29頁。
  5. ^ a b c d 倉田幸雄編「今さら友だちのWA!!(中村大樹→?)」『アニメV 1993年11月号』学習研究社、1993年11月1日、雑誌01591-11、61頁。
  6. ^ 中村大樹”. goo人名事典. 2019年10月4日閲覧。
  7. ^ a b 『日本タレント名鑑(1991年版)』VIPタイムズ社、1991年、201頁。
  8. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、80頁。ISBN 978-4-09-526302-1。
  9. ^ 小川びい『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、103頁。ISBN 4-19-720012-9。
  10. ^ a b 『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ volume 4』オーディオコメンタリー
  11. ^ 「人気声優 直筆 DATA FILE 1995年度版」『アニメディア』1995年7月号、学習研究社、1995年6月、 41頁。
  12. ^ a b 「逆引き声優辞典」『ザ・声優1995』福島一馬、メディアックス〈メディアックス ムック 26〉、1994年12月10日、172頁。
  13. ^ モジャ公”. メディア芸術データベース. 2017年4月29日閲覧。
  14. ^ 作品概要”. 『機動新世紀ガンダムX』 公式サイト. 2020年9月3日閲覧。
  15. ^ アニメディア 1997年2月号第2付録「機動新世紀ガンダムX Memorial Book BELIEVE」19頁。
  16. ^ カスミン”. メディア芸術データベース. 2017年1月2日閲覧。
  17. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2010年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  18. ^ HUNTER×HUNTER : “蟻編”のキャスト発表 メルエムは内山昂輝、ピトー役に藤村歩”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年4月15日閲覧。
  19. ^ mariwaka_animeのツイート(737179389981425664)
  20. ^ CHARACTER”. TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」公式サイト. 2017年4月30日閲覧。
  21. ^ 12月18日(火)放送の第12話に、『でんぢゃらすじーさん』からじーさんが登場!”. 爆釣バーハンター. 東映アニメーション. 2018年12月17日閲覧。
  22. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード”. メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。
  23. ^ 名探偵コナン 11人目のストライカー”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月11日閲覧。
  24. ^ お江戸はねむれない!”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  25. ^ “ブラック・ジャック FINAL EPISODE”. オデッサ・エンタテイメント. http://www.odessa-e.co.jp/cont/bjfinal/episode.html 2016年5月3日閲覧。 
  26. ^ “主題歌はヒャダイン 「でんぢゃらすじーさん」7年ぶりのアニメ化”. アニメ!アニメ!. (2012年6月23日). http://animeanime.jp/article/2012/06/23/10590.html 2016年11月12日閲覧。 
  27. ^ 【公式】侍魂オンラインー朧月伝ーの2019年7月13日のツイート2019年8月12日閲覧。
  28. ^ CHARACTER”. フェアリーフェンサー エフ. 2013年7月25日閲覧。
  29. ^ 週刊ファミ通』2015年5月7・14・21日合併号、エンターブレイン、2015年4月23日。
  30. ^ 『サムライスピリッツ』×『グランブルーファンタジー』コラボレーションイベント開催のお知らせ”. 『グランブルーファンタジー』公式サイト. Cygames (2017年1月13日). 2017年1月14日閲覧。
  31. ^ 【公式】コトダマン運営会議の2019年8月1日のツイート2019年8月2日閲覧。
  32. ^ “白鷗大学経営学部との産学連携高校生向け「クレジット教育動画教材」の公表” (プレスリリース), 一般社団法人日本クレジット協会, (2018年5月31日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000013309.html 2018年6月5日閲覧。 
  33. ^ オーディオブック第21弾12月21日より配信開始!!!” (日本語). 小学館ガガガ文庫. 2020年12月18日閲覧。