中村太地 (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村太地
Taichi NAKAMURA
京都ハンナリーズ
ポジション ポイントガードシューティングガード
身長 190cm (6 ft 3 in)[1]
体重 83kg (183 lb)[1]
基本情報
愛称 タイチ
ラテン文字 Taichi NAKAMURA
誕生日 (1997-06-29) 1997年6月29日(22歳)
日本の旗 日本
出身地 山口県
ドラフト  
選手経歴
-
-
2016-2017
2017-2018
2018-2019
2019-
日本の旗福岡大学附属大濠高等学校
日本の旗法政大学(在学中)
日本の旗シーホース三河
日本の旗富山グラウジーズ
日本の旗横浜ビー・コルセアーズ
日本の旗京都ハンナリーズ

中村 太地(なかむら たいち、1997年6月29日 - )は、バスケットボール選手である。身長190cm、体重83kgで[1]、ポジションはポイントガードシューティングガード

来歴[編集]

中学時代の最高成績は県大会ベスト4。他県からの誘いはなく地元山口県の強豪校に進学する予定だったが、父親に連れられ福大大濠の練習に参加。プレーがチーム関係者の目に留まり、同校に進学となった[2]。2年次に主力として高校総体優勝に貢献している[3]

高校卒業後は法政大学に進学、同学バスケットボール部ORANGEに所属したが、ORANGEは中村の入学の前年に関東大学2部リーグに降格、入学年には3部リーグに降格した。中村は高いレベルのバスケを経験して成長する事を目的に、1年次からBリーグチームに特別指定選手として加入、1年次の2016-17シーズンはシーホース三河[1]、2年次の2017-18シーズンは富山グラウジーズ[1]、3年次の2018-19シーズンは横浜ビー・コルセアーズとの契約を結んだ。三河所属時の2017年2月4日の対新潟アルビレックスBB戦で、Bリーグ初出場している。2019年6月28日に特別指定選手としての活動を終了し、横浜を退団[4]

2016-17,2017-18シーズンは、ベンチ入りも2試合と出場機会は非常に限定されていたが、2018-19シーズンは、大学のシーズン後はチームに帯同してコンスタントに出場を続け、2019年1月27日の秋田戦で初のスターターとして出場など、出場時間を大きく伸ばした。

2018年には、若手中心で構成された第18回アジア競技大会 日本代表に選出された[5]

2019年8月23日、京都ハンナリーズに入団。京都への入団にあたり、法政大学バスケットボール部ORANGEからは退部した[6]

日本代表歴[編集]

  • 2017年7月 第39回ウィリアム・ジョーンズカップ U24日本代表
  • 2018年6月 第40回ウィリアム・ジョーンズカップ 日本代表候補
  • 2018年8月 第18回アジア競技大会 日本代表

人物[編集]

バスケットボールプレイヤーとしての特徴[編集]

  • 高校時代の恩師である福大大濠の片峯聡太監督は、中村のプレーヤーとしての長所として、ポイントガードとして重要な視野の確保に優れていること、サイズとファンダメンタルのバランスが良いこと、日本人の大型選手としては珍しい貪欲さと負けず嫌いさを兼ね備えていることの3点をあげている[2]
  • 大学や日本代表ではシューティングガード、スモールフォワードでプレーすることが多いが、中村自身は「ポイントガードに固執しているわけではないが、ポイントガードをやりたい気持ちは大きい」と語っており、外角のシュート力やクイックネスの向上、ノーマークを作りだす「ボールムーブメント」の向上に取り組んでいる[2]

その他[編集]

横浜ビー・コルセアーズ オフィシャルブーストソングにおける選手紹介[編集]

  • 2018-19 「大地の前に広がる海 世界につながる航路の入り口 No.6 中村太地」[8]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
Bリーグ 2016-17 三河 1 0 8.0 .500 1.00 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 3.0
Bリーグ 2017-18 富山 1 0 0.0 .000 .000 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
Bリーグ 2018-19 横浜 43 3 8.3 .301 .230 .571 0.3 0.5 0.3 0.0 0.5 2.2

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 中村 太地 選手 特別指定選手契約締結のお知らせ|富山グラウジーズ2018.02.07”. 富山グラウジーズ (2017-02-07/). 2018年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c 選手新規入団のご報告(中村太地選手(法政大学))”. シーホース三河 (2017年1月17日). 2018年6月27日閲覧。
  3. ^ 【南関東総体】バスケットボール男子・福岡大大濠 明成破り歓喜の優勝 気迫のバスケット最後まで|高校生新聞”. 高校生新聞社 (2014-08-10/). 2018年6月27日閲覧。
  4. ^ 中村太地選手 特別指定選手としての活動終了のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2019年6月28日). 2019年12月30日閲覧。
  5. ^ バスケットボール男子第18回アジア競技大会 日本代表チーム紹介 JAPAN”. 公益財団法人日本バスケットボール協会 (/). 2019年5月2日閲覧。
  6. ^ “法政大4年の中村太地、バスケ部を退部して京都ハンナリーズと選手契約「仲間にはとても感謝」”. バスケットボールキング. (2019年8月23日). https://basketballking.jp/news/japan/20190823/185549.html 2019年12月30日閲覧。 
  7. ^ https://www.youtube.com/watch?v=xG20IJBzz5Y 2013年11月24日 大濠高校バスケ部 中村太地選手インタビュー
  8. ^ 横浜ビー・コルセアーズ ゲームデーインフォメーション 月刊海賊 2018/10

関連項目[編集]