中村守雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中村 守雄
生誕 1926年12月9日
日本の旗 日本 三重県
死没 (1995-05-28) 1995年5月28日(満68歳没)
日本の旗 日本 三重県
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1945(日本陸軍)
1950 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1986(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―伍長.svg 陸軍士官候補生(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

中村 守雄(なかむら もりお、 1926年大正15年)12月9日 - 1995年平成7年)5月28日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官。第18代陸上幕僚長。陸上自衛隊としては最後の旧陸軍出身者であった。

略歴[編集]

生家が明野陸軍飛行学校に近かったことから飛行機の爆音と軍服にひかれ陸軍航空士官学校に入校。戦後はいったん家業を継ぎかけたが、警察予備隊の創設を知り応募、1950年(昭和25年)8月に2等警査(2等陸士)で入隊。入隊後は第8連隊第14中隊(戦車(当時は特車)中隊)に配属され、これを契機に以後、機甲科に進む[1]北部方面総監時代には、わずか1年あまりの在任期間の中で、有事法制が存在しなかった1983年当時の日本国がソ連軍の北海道侵攻を受けた場合、北部方面隊はいかにして合法的にソ連軍を迎撃するべきか研究し、研究結果をレポートにまとめて部内の各級指揮官に教示した。

陸上幕僚長在任中、第1空挺団などの陸自部隊を監督して日本航空123便墜落事故の対処にあたる。1986年(昭和61年)3月、「今の自衛隊員は不動の姿勢を2~30分取るだけで卒倒するような落ちこぼればかり」と『月曜評論』誌上で発言した増岡鼎東部方面総監に対する指揮監督不行き届きの責任を取り辞任した。

年譜[編集]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1995年(平成7年)5月28日

脚注[編集]

  1. ^ 朝雲新聞(昭和59年7月26日)第3面「今週の顔」
  2. ^ 読売新聞・1995年(平成7年)5月30日(火)第31面
  3. ^ 『官報』本紙第1666号(平成7年6月15日)
先代:
渡部敬太郎
北部方面総監
第16代:1983年 - 1984年
次代:
五十嵐晃