中村宣一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村宣一朗(なかむら のぶいちろう、1932年5月3日[1]- )は、日本の会計学者大阪大学名誉教授。

和歌山県で育つ。京都市出身。1955年大阪外国語大学イスパニア語科卒、学士入学して1959年大阪大学経済学部卒、65年同大学院博士課程単位取得退学、77年「会計統一化政策」で経済学博士甲南大学助教授、教授をへて、1982年大阪大学経済学部教授。96年定年退官、名誉教授となり、摂南大学教授を務めた[2]日本会計研究学会太田賞受賞。

著書[編集]

  • 『近代フランス会計学』中央経済社 1969
  • 『企業利潤論序説 企業利潤の源泉と測定』森山書店 1973
  • 『会計統一化政策』ミネルヴァ書房 1976
  • 『会計学 企業会計の構造と過程の分析』同文館出版 1979
  • 『利益計算論』同文館出版 1984
  • 『会計規制』税務経理協会 1992

共著[編集]

  • 『イントロダクション財務会計』高尾裕二, 伊予田隆俊,田村威文共著 同文館出版 1995
  • 『エッセンシャル企業会計』高尾裕二共著 中央経済社 2001

翻訳[編集]

  • フランス国家会計委員会編『標準会計制度』木内佳市共訳 ミネルヴァ書房 1962
  • A.シュランツ『ドイツ経営経済学』岡田昌也、吉田修、加藤恭彦共訳 千倉書房 1971
  • 国家会計審議会『フランス会計原則 プラン・コンタブル・ジェネラル』森川八洲男、高尾裕二、野村健太郎、大下勇二共訳 同文館出版 1984

論文[編集]

脚注[編集]