中村宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中村宿の現代地図に旧水戸街道の道筋を重ねた地図。

中村宿(なかむらしゅく)は、水戸街道の、千住宿から10番目の宿場町

概要[編集]

現在の茨城県土浦市にあたる。宿場町は南西から北東にかけて数百メートルの範囲に広がっていた。家並みは50軒余りの小規模なものにすぎなかったが、本陣は置かれていたとされる(川村家)。

宿場町だった痕跡はほとんど残っていない。

周辺[編集]

  • 観音堂跡 - 宿場の南のはずれにあったとされる。石仏などがまとめて置かれている。
  • 大聖寺 - 北の宿場外、花室川を越えたところにある古刹で、伝承によると開山は995年とされる。

隣の宿[編集]

荒川沖宿 - 中村宿 - 土浦宿

  • 荒川沖宿 - 中村宿は一里(約4キロ)。
  • 中村宿 - 土浦宿は一里(約4キロ)。

関連項目[編集]