中村左衛門太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 左衛門太郎(なかむら さえもんたろう、1891年1月29日 - 1974年11月25日)は、地震学者。

東京出身。号・傾円。1914年東京帝国大学理学部実験物理学科卒。1920年理学博士中央気象台勤務をへて1924年東北帝国大学理学部教授。1951年同名誉教授、熊本大学理学部教授、55年理学部長。56年定年退官、九州物理探査社長、1961年熊本商科大学教授。地震計,地磁気の研究で知られる。[1]

著書[編集]

  • 『今後の地震 震災予防調査隊の報告』民友社 1924
  • 『地震』福永重勝 1924
  • 『ラヂオによる素人天気予報術』恒星社 1931
  • 『一般地震学』恒星社 1934
  • 『東亜気象学』恒星社 1940
  • 『大地震を探る』河出書房 科学新書 1942
  • 『地球物理学新講』恒星社 1943
  • 『科学への隘路に立ちて』恒星社厚生閣 1944
  • 『初等天気予報術』恒星社厚生閣 1944
  • 『波と音 生活現象の振動論的考察』学術図書出版社 科学の世界選書 1947
  • 『家庭と気候』富山房 1949
  • 『子供の気象学』恒星社厚生閣 1949
  • 『温度の実験と研究』目黒書店 1950
  • 『天気はどう変わるか』恒星社厚生閣 楽しい理科教室 1953
  • 『地震学』内田老鶴圃 1954
  • 『一般物理学概要』内田老鶴圃新社 1969

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]