中村幸彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 幸彦(なかむら ゆきひこ、1911年7月15日 - 1998年5月7日)は、日本の近世文学研究者。

来歴・人物[編集]

兵庫県津名郡由良町(現洲本市由良3丁目)に父・中村安郎、母・しげの次男として生まれる。旧制洲本中学校京都帝国大学を卒業。天理図書館司書、天理大学教授を経て、1958年、九州大学教授となり、文学部長を務める。1962年、「戯作研究」で京都大学の博士号を取得。[1]1971年、定年をまえに退官し(谷沢永一『運を引き寄せる十の心得』)、関西大学教授に招かれた。

1981年、『此ほとり一夜四歌仙評釈』で読売文学賞受賞、1986年、朝日賞受賞。

厳密な実証的研究によって、近世文学研究に多大な貢献をなした。代表作『戯作論』は、近世戯作を詳細に検討し、一般には風刺文学などと言われるが、うがち、ちゃかし等が本領であり、風刺の名には値しないと述べた。自らの研究対象に近代的な幻想を投影しない著述姿勢は、他に冠絶している。論文は数多かったが、『近世文藝思潮攷』に収められた以外では、『中村幸彦著述集』(全15巻、中央公論社)が出されるまで、大学紀要などで探すしかなかった。

中村に師事した近世文学者には中野三敏がおり、『本道楽』(講談社)で回想している。

著作[編集]

  • 『仁斎日記抄』生活社、1946
  • 『近世作家研究』三一書房、1961
  • 『近世小説史の研究』桜楓社出版、1961
  • 『戯作論』角川書店、1966
  • 『近世文芸思潮攷』岩波書店、1975
  • 『此ほとり一夜四歌仙評釈』角川書店、1980
  • 『俳諧百韻評釈--宗因独吟』富士見書房 1989

著作集[編集]

  1. 近世文芸思潮論
  2. 近世的表現
  3. 近世文芸〔ヨウ〕稿
  4. 近世小説史
  5. 近世小説様式史考
  6. 近世作家作品論
  7. 近世比較文学攷
  8. 戯作論
  9. 俳諧瑣説
  10. 舌耕文学談
  11. 漢学者記事
  12. 国学者紀譚
  13. 近世世語
  14. 書誌聚談
  15. 菜色子雑筆

校注・編著ほか[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース