中村幻児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村幻児(なかむら げんじ、1946年11月21日 - )は、日本映画監督映画プロデューサーである。栃木県大田原市出身。

経歴[編集]

1968年慶應義塾大学文学部中退。東京綜合写真専門学校在学中よりフリーの助監督として活動し、1972年「完全なる同性愛」にて監督デビュー。以降多数のピンク映画を手がけ、その作家性と演出力によって高橋伴明渡辺護らとともに斯界を代表する監督となる。1982年筒井康隆原作の作品「ウィークエンド・シャッフル」にて一般映画に進出。テレビドラマ・Vシネマなども手がける。

1993年、映像クリエイターの育成組織として「映像塾」を創設。現在も自分の作品を創りながら後進の育成を行っている。

製作[編集]

  • 「ウィークエンド・シャッフル」(らんだむはうす=幻児プロ=JO、1982年10月23日)
  • 「痴漢とスカート」(雄プロ、プロデューサー、1984年5月11日)
  • 「(生)テレクラ 握りたがる人妻たち」(雄プロ、プロデューサー、1986年7月26日)
  • ロマン子クラブ エッチがいっぱい」(雄プロ、プロデューサー、1986年12月20日)
  • 「Homosapiens ホモサピエンス noise」、「Homosapiens ホモサピエンス プラディ・マリー」、「Homosapiens ホモサピエンス ホームメイド」(映像塾、1996年3月23日)
  • 「Kamome」(映像塾プロジェクト、2000年3月4日)

監督[編集]

  • 1972年
    • 「完全なる同性愛」(プリマ企画)
    • 4月8日 - 「悲しき妖精」(プリマ企画)
    • 7月 - 「露出狂」(日本シネマ)
    • 8月 - 「欲情家族」(ミリオン)、「痴情の女」(日本シネマ)
    • 11月 - 「女子学生性科学入学」(ミリオン)、「恍惚の遊び」(日本シネマ)
  • 1973年
    • 2月 - 「ポルノ婦人科」(ミリオン)、「夜まで待てない女」(日本シネマ)
    • 5月 - 「SEX交換 甘いしずく」(国映シネマ)
    • 8月 - 「汚れた花弁」(国映シネマ)
    • 11月 - 「色欲の罠」(国映シネマ)
  • 1974年
    • 6月 - 「セミドキュメント 金髪狩り」(プリマ企画)
  • 1975年
    • 1月 - 「猛烈ポルノ列島」(ワタナベプロ)
    • 5月 - 「セミドキュメント おんな蕩し」(ワタナベプロ)
    • 7月 - 「夜ひらく淫ら花」(東映ビデオ)
    • 9月 - 「青いスケバン 濡れた制服」(新東宝)
    • 10月 - 「性春のうめき」(ミリオンフィルム)
    • 12月 - 「トラックSEX野郎 ポルノ深夜便」(新東宝)
  • 1976年
    • 3月19日 - 「セミドキュメント 暴走SEX集団」(ワタナベプロ)
    • 4月 - 「トラックSEX野郎 ポルノ深夜便」(新東宝)

脚本[編集]

  • 1974年6月 - 「セミドキュメント 金髪狩り」(プリマ企画)
  • 1976年3月19日 - 「セミドキュメント 暴走SEX集団」(ワタナベプロ)
  • 1976年9月25日 - 「セミドキュメント 非行女高生」(ワタナベプロ)
  • 1977年3月5日 - 「未亡人下宿 いろ色教えます」(ワタナベプロ)
  • 1977年5月 - 「日本残虐女拷問」(新東宝興業)
  • 1977年6月4日 - 「セミドキュメント 処女失神」(ワタナベプロ)
  • 1977年11月26日 - 「痴女昇天」(ワタナベプロ)
  • 1978年2月4日 - 「好色美容師」(ワタナベプロ)
  • 1978年4月15日 - 「OL痴女姉妹 上唇下唇」(ワタナベプロ)
  • 1982年10月23日 - 「ウィークエンド・シャッフル」(らんだむはうす=幻児プロ=JO)
  • 2000年3月4日 - 「Kamome」(脚本・構成、映像塾プロジェクト)
  • 2001年1月25日 - 「TERRORS 山川恵里佳 エンゼル・ダスト ANGEL DUST」 (V) (フジテレビ映像企画部)
  • 2004年9月18日 - 「ロード88 出会い路、四国へ」(ロード88製作委員会)