中村弓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 弓子(なかむら ゆみこ、1944年3月 - )は、日本哲学者フランス文学者、お茶の水女子大学名誉教授。キリスト教文学、ベルクソン哲学などを専攻。

中村草田男の娘として東京都に生まれる。1967年東京大学教養学部フランス科卒。1973年、同大学院人文科学研究科仏文科修士課程修了、東大文学部助手1976年お茶の水女子大学専任講師1980年助教授1992年教授2008年、定年退任、名誉教授。父草田男の創刊した俳誌「萬緑」の発行人も務める。

著書[編集]

  • 受肉の詩学 ベルクソン/クローデル/ジード みすず書房 1995.12
  • わが父草田男 みすず書房 1996.3
  • 心身の合一 ベルクソン哲学からキリスト教へ 東信堂 2009.3
共編
  • 中村草田男全集別巻 アルバム・資料 / 貞弘衛共編 みすず書房 1991.12

翻訳[編集]

参考[編集]

  • J-GLOBAL研究者情報 
  • 「わが父草田男」