中村文則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 文則
(なかむら ふみのり)
Nakamura Fuminori.JPG
(2013年、ロサンゼルスにて)
誕生 (1977-09-02) 1977年9月2日(42歳)
日本の旗 日本愛知県東海市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士社会学
最終学歴 福島大学行政社会学部卒業
活動期間 2002年 -
ジャンル 小説
代表作 『土の中の子供』(2005年)
『掏摸』(2009年)
『教団X』(2014年)
主な受賞歴 新潮新人賞(2002年)
野間文芸新人賞(2004年)
芥川龍之介賞(2005年)
大江健三郎賞(2010年)
ドゥマゴ文学賞(2016年)
デビュー作 『銃』(2002年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中村 文則(なかむら ふみのり、1977年9月2日 - )は日本小説家愛知県東海市出身。愛知県立東海南高等学校福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。

来歴[編集]

フリーターを経て、2002年に「銃」で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。2004年、『遮光』で第26回野間文芸新人賞2005年、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞2010年、『掏摸<スリ>』で第4回大江健三郎賞を受賞。同作の英訳 『The Thief』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で、2012年のベスト10小説に選ばれ[1]2013年のロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされた。『悪と仮面のルール』の英訳(EVIL AND THE MASK)はウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年のベストミステリーの10作品に選ばれる[2]。2014年、ノワール小説への貢献で、アメリカでデイビッド・グーディス賞を受賞[3]

人物[編集]

ドストエフスキーカミュカフカなどから影響を受けており、普遍的な主題に特徴があり、ミステリーの手法も取り入れている。

重厚で陰鬱な作風とは対照的に、本人は明朗な性格である。交流のあるお笑い芸人・作家の又吉直樹がそのギャップについて尋ねてみたところ、「暗いことで人に迷惑をかけるの、やめようと思ったんだよ」と答えたという[4]

漫画家の久世番子とは同郷で、小学校から高校までの同級生であり親交がある。また、ダンスチームはむつんサーブのりきっちょとは大学時代からの友人である。ペンネームであることを久世番子との対談で語っている。

演劇ユニットunks、ヴァイオリニスト島田真千子、ロックバンドNON'SHEEPなどを自身のウェブサイトで紹介したり、役者の綾野剛との親交も深く、他分野とのつながりも広い。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『銃』(新潮社、2003年、ISBN 978-4104588015 / 新潮文庫、2006年、ISBN 978-4101289519 / 河出文庫、2012年、ISBN 978-4309411668)
    • 初出:『新潮』2002年11月号
    • 河出文庫版には「火」(『新潮』2007年9月号)を併録
  • 『遮光』(新潮社 2004年 ISBN 978-4104588022 / 新潮文庫 2010年 ISBN 978-4101289533)
    • 初出:『新潮』2003年6月号
  • 『土の中の子供』(新潮社、2005年 ISBN 978-4104588046 / 新潮文庫、2008年、ISBN 978-4101289526)
    • 土の中の子供(初出:『新潮』2005年4月号)
    • 蜘蛛の声(初出:『新潮』2004年1月号)
  • 『悪意の手記』(新潮社、2005年、ISBN 978-4104588039 / 新潮文庫、2013年、ISBN 978-4101289540)
    • 初出:『新潮』2004年5月号
  • 最後の命』(講談社、2007年、ISBN 978-4062139595 / 講談社文庫、2010年、ISBN 978-4062767026)
    • 初出:『群像』2007年2月号
  • 『何もかも憂鬱な夜に』(集英社、2009年、ISBN 978-4087712872 / 集英社文庫、2012年、ISBN 978-4087467987)
  • 『世界の果て』(文藝春秋、2009年、ISBN 978-4163279404 / 文春文庫、2013年、ISBN 978-4167853013)
    • 月の下の子供(『文學界』2008年10月号)
    • ゴミ屋敷(『文學界』2008年2月号)
    • 戦争日和(『群像』2006年6月号、「白の世界」を改題)
    • 夜のざわめき(『文學界』2007年8月号)
    • 世界の果て(『文學界』2006年1月号)
  • 『掏摸〈スリ〉』(河出書房新社、2009年、ISBN 978-4309019413 / 河出文庫、2013年、ISBN 978-4309412108)
    • 初出:『文藝』2009年夏号
  • 悪と仮面のルール』(講談社、2010年、ISBN 978-4062163705 / 講談社文庫、2013年、ISBN 978-4062776790)
    • 書き下ろし
  • 『王国』(河出書房新社、2011年、ISBN 978-4309020693 / 河出文庫、2015年、ISBN 978-4309413600)
    • 初出:『文藝』2011年夏号
    • 『掏摸』の姉妹編
  • 『迷宮』(新潮社、2012年、ISBN 978-4104588053 / 新潮文庫、2015年、ISBN 978-4101289557)
    • 初出:『新潮』2012年1月号
  • 『惑いの森〜50ストーリーズ』(イースト・プレス、2012年、ISBN 978-4781608648 / 文春文庫、2018年、ISBN 978-4167909987)
    • アマゾン『MATOGROSSO』連載のショートストーリー28話に加え、22話を書き下ろし
  • 去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎、2013年、ISBN 978-4344024571 / 幻冬舎文庫、2016年、ISBN 978-4344424678)
    • 書き下ろし
  • 『A』(河出書房新社、2014年、ISBN 978-4309023021 / 河出文庫、2017年、ISBN 978-4309415307)
    • 糸杉(『新潮』2013年1月号)
    • 嘔吐(『新潮』2009年10月号)
    • 三つの車両(『早稲田文学3』2010年2月)
    • セールス・マン(『文藝』2011年冬号)
    • 体操座り(『文藝』2013年春号)
    • 妖怪の村(『群像』2009年9月号)
    • 三つのボール(『新潮』2008年8月号)
    • 蛇(『小説現代』2007年3月号)
    • 信者たち(『小説現代』2008年5月号)
    • 晩餐は続く(『小説現代』2009年4月号)
    • A(『文藝』2014年夏季号)
    • B(『新潮』2014年6月号)
    • 二年前のこと(『群像』2011年12月号)
  • 『教団X』(集英社、2014年、ISBN 978-4087715903 / 集英社文庫、2017年、ISBN 978-4-08-745591-5)
    • 第一部『すばる』2012年5月号 - 6月号
    • 第二部『すばる』2013年8月号 - 9月号
  • 『あなたが消えた夜に』(毎日新聞出版、2015年、ISBN 978-4620108179 / 毎日文庫、2018年、ISBN 978-4620210230)
    • 初出:「毎日新聞」 2014年1月4日 - 11月29日
    • 文庫版のみ「あなたが消えた夜に 番外編」(「気分転換な夜に」(JT Webサイト「ちょっと一服ひろば」2016年11月)を改題の上、大幅に修正)を併録
  • 『私の消滅』(文芸春秋、2016年、ISBN 978-4163904719)
    • 初出:『文學界』2016年6月号
  • 『R帝国』(中央公論新社、2017年、ISBN 978-4120050008)
    • 初出:「読売新聞」2016年5月23日 - 2017年2月2日
  • 『その先の道に消える』(朝日新聞出版、2018年 ISBN 978-4022515735)

単行本未収録作品[編集]

  • 着信(新潮社『週刊新潮』2006年2月 / 新潮文庫『空を飛ぶ恋 ケータイがつなぐ28の物語』2006年6月)
  • 糸のからまり(集英社『すばる』2015年1月号 / フリーペーパー『祝! デビュー15周年 中村文則の世界』)
  • 神(幻冬舎『小説幻冬』2016年11月号 - 連載中)

メディアミックス[編集]

舞台[編集]

  • 掏摸〈スリ〉(2012年3月14日 - 18日、劇団サイバー∴サイコロジック、OFF OFFシアター)
  • 世界の果て(2012年8月28日 - 9月2日、unks、ギャラリー LE DECO)

映画[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]