中村春作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 春作(なかむら しゅんさく、1953年 - )は、日本思想史家広島大学教授。専門は日本思想史。徳島県出身。

広島大学文学部卒業。大阪大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。大学院では子安宣邦に師事する。

著作[編集]

研究書に『江戸儒教と近代の「知」』(ぺりかん社、2002年)がある。この書は「国民国家」論を軸に、近世から近代にかけての日本の儒教を中心とする学知の形成過程について論じたものである。 『思想史のなかの日本語』 『徂徠学の思想圏』