中村昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1957-04-10) 1957年4月10日(60歳)
身長
体重
171 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1978年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1991 - 1992)

中村 昭(なかむら あきら、1957年4月10日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

上尾高では2年生の時、捕手として1974年夏の甲子園に出場。2回戦に進むが平安高に延長13回サヨナラ負けを喫する[1]。翌1975年夏の甲子園にも連続出場。この大会では四番打者を務め、原辰徳津末英明らを擁する東海大相模高を準々決勝で破る。準決勝では新居浜商片岡大蔵から初回に3点を奪うが、6回に5失点、逆転を許し敗退した[1]

1975年プロ野球ドラフト会議において、ロッテオリオンズに6位指名されたが拒否し、社会人野球三協精機に進む。樋江井忠臣、伊藤弘利らとバッテリーを組み活躍するが、1978年には野球部が休部。9月に同社を退社し、同年12月にドラフト外読売ジャイアンツに入団[2]

巨人在籍中はブルペン捕手として一軍登録されたが[3]、試合への出場機会はなかった。1983年に現役を引退。

現役引退後は、巨人のブルペン捕手、バッテリーコーチ、球団職員を経て、2012年現在はジャイアンツアカデミーのコーチ[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 60 (1979年 - 1982年)
  • 98 (1983年 - 1990年)
  • 78 (1991年)
  • 98 (1992年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「プロ野球短信」『読売新聞』1978年12月23日付東京本社版朝刊16面。
  3. ^ 「巨人の投を支える「壁」ブルペン捕手・中村昭」『読売新聞』1983年4月22日付東京本社版夕刊3面。
  4. ^ スタッフ紹介(ジャイアンツアカデミー、2012年8月18日閲覧)

関連項目[編集]