中村正常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 正常(なかむら まさつね、1901年明治34年)11月6日 - 1981年昭和56年)11月6日)は、日本の劇作家小説家。長女は女優の中村メイコ。孫は作家の神津カンナ、女優の神津はづき、画家の神津善之介

来歴[編集]

東京市小石川区(現・東京都文京区)生まれ。第七高等学校造士館 (旧制)を中退[1]

1927年に『不同調』(新潮社)に登場し、岸田國士に師事。阪中正夫、阿部正雄らと『悲劇喜劇』の編集に従事。

1929年には『改造』懸賞戯曲に「マカロニ」が当選し、1930年に蝙蝠座同人として新興芸術派倶楽部に参加。今日出海らと新劇運動をするかたわら「ボア吉の求婚」「隕石の寝床」などのナンセンスユーモア作品を発表。

のち、新興芸術派の衰退とともに文壇を去った[2]

1981年、満80歳で死去(生没同日)。

著書[編集]

  • 『隕石の寝床』改造社 新鋭文学叢書、1930年、のちゆまに書房で復刻 
  • 『ボア吉の求婚』新潮社 新興芸術派叢書、1930年、のちゆまに書房で復刻 
  • 『二人用寝台』春陽堂 日本小説文庫、1933年
  • 『現代ユーモア小説全集 第6巻 虹の下の街・チエコとチヤコ株式会社 他十八篇』アトリヱ社、1935年
  • 『歳末遣繰譚・適齢ガール三人組』第百書房、1935年
  • 『彼女の新体制 ユーモア小説集』代々木書房、1941年
  • 『社長陣頭に指揮す』大白書房、1943年

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

参考[編集]