中村正䡄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 正䡄(なかむら まさのり、1928年2月16日 -2020年3月1日[1])は、日本小説家

人物[編集]

満州生まれ。学習院大学文政学部政治学科卒業。 日本航空に勤務し、フランクフルト支配人・調達部長を務める傍ら執筆活動をしていた。 名前の本来の表記は「中村正䡄」だが、「中村正軌」で代用される。2020年3月1日死去[2]。92歳没。

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『元首の謀叛』 文藝春秋、1980 のち文庫 
  • 『貧者の核爆弾』文藝春秋、1990 のち文庫
  • 『アリスの消えた日』早川書房、1992 のち文庫
  • 『四つの聖痕』 文藝春秋 1993
  • 『教皇の手文庫』 文藝春秋 1998

脚注[編集]

  1. ^ 日本文芸家協会令和元年度事業報告
  2. ^ 作家の中村正軌さん死去 「元首の謀叛」で直木賞:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年4月29日閲覧。