中村由香里 (競輪選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中村 由香里 Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
生年月日 (1981-03-09) 1981年3月9日(36歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 166.7cm
体重 65.3kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会東京支部
期別 日本競輪学校第102期生
分野 競輪
役割 選手
プロ所属チーム
2012-
日本競輪選手会東京支部
主要レース勝利
ガールズグランプリ 2013
ガールズケイリンコレクション 2013(高松)
最終更新日
2013年12月29日

中村 由香里(なかむら ゆかり、1981年3月9日 - )は、大阪市出身の女子競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第102期(ガールズケイリン第1期)生。師匠は田谷勇(競輪学校第54期生)。

来歴[編集]

大阪教育大学を経て、小学校教員となる[1]。そして教師生活の傍ら、シクロクロスを手始めとする自転車競技大会にも随時出場していた。2009年10月に、競輪学校で、ガールズケイリンの生徒募集が行われることを知り、競輪選手になることを決意。当時6年生の担任を務めていた勤務先の小学校に、2010年3月に挙行された卒業式を終えた後、辞表を提出し、教師生活にピリオドを打った[1]

2011年2月25日に競輪学校に合格[2]。在校競走成績は54戦41勝の成績を挙げ第1位[3]。卒業記念レースでは加瀬加奈子に次いで2位に入った。そして2012年3月24日に挙行された競輪学校の卒業式では、学業や技能、人物について総合的に優れていたと評価され、「優等賞」が授与された[4]

2012年5月1日、日本競輪選手会東京支部所属の競輪選手として登録された。ホームバンクは京王閣競輪場。また同年同月に行われた全日本プロ選手権自転車競技大会前橋競輪場)のエキシビションケイリンレース、『なでしこカップ』では加瀬らを抑えて優勝した[5]。同年7月8日、ホームバンクの京王閣でデビュー戦を迎え、最終バックから捲り、2着に大差をつけて勝った[6]。その後の2走も勝ち、ガールズケイリン初の完全優勝者となった[7]。同年10月23日、同年12月28日に開催予定のガールズグランプリ出場選手に選出された[8]

2013年

参考文献[編集]