中村登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら のぼる
中村 登
中村 登
キネマ旬報社『キネマ旬報』430号(1967)より
本名 同じ
生年月日 (1913-08-04) 1913年8月4日
没年月日 (1981-05-20) 1981年5月20日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市下谷区根岸(現・東京都台東区
死没地 日本の旗
職業 映画監督
活動期間 1941年 - 1981年
活動内容 1936年松竹大船撮影所(第1期)入社
1941年:『生活とリズム』で監督昇格
1951年:『我が家は楽し
1963年:『古都
1966年:『紀ノ川 花の巻・文緒の巻』
1967年:『智恵子抄
1974年:『三婆

中村 登(なかむら のぼる、1913年8月4日 - 1981年5月20日)は、東京府東京市下谷区根岸(現東京都台東区)出身の映画監督

人物[編集]

花柳界に育つ。1936年東京帝国大学文学部英文科を卒業後、蒲田から移転したての松竹大船撮影所(第1期)に助監督として入社。島津保次郎吉村公三郎に師事。1941年に映画『生活とリズム』で監督デビュー。戦後、オールスター映画『我が家は楽し』(1951年)が出世作となる。1960年代に入り、『紀ノ川』などの文芸大作に手腕を見せ、松竹を支える巨匠として活躍した。『古都』、『智恵子抄』で2度のアカデミー外国語映画賞にノミネートされた。1979年、紫綬褒章受章。1981年、日中合作映画『未完の対局』の準備中に、ガンのため死去。

端正かつ鮮やかな作風は「映画の教科書」と評されている。

監督作品[編集]

  • 結婚の理想(1941年/松竹大船)
  • 新たなる幸福(1942年/松竹大船)
  • 人間同志(1942年/松竹大船)
  • 男の意気(1942年/松竹大船)
  • 湖畔の別れ(1943年/松竹大船)
  • ニコニコ大会 歌の花籠 第二篇(1946年/松竹大船)
  • 愛の先駆者(1946年/松竹大船)
  • お光の縁談(池田忠雄と共同、1946年/松竹大船)
  • 処女は真珠の如く(1947年/松竹大船)
  • 娘の逆襲(1947年/松竹大船)
  • 旅装(1948年/松竹大船)
  • 火の薔薇(1948年/松竹大船)
  • 君待てども(1949年/松竹大船)
  • 愁海棠(1949年/松竹大船)
  • 恋愛三羽烏(1949年/松竹京都)
  • 栄光への道(1950年/松竹京都)
  • 春の潮(前後篇、1950年/松竹大船)
  • エデンの海(原作:若杉慧、1949年/松竹京都・綜芸プロ)
  • 奥様に御用心(1950年/松竹大船・田中絹代プロ)
  • 我が家は楽し(原作:田中澄江。1951年/松竹大船)
  • 恋文裁判(1951年/松竹京都)
  • 夢と知りせば(1952年/松竹大船)
  • 波(原作:山本有三。1952年/松竹大船)
  • 春の鼓笛(原作:富田常雄、1953年/松竹大船)
  • 夏子の冒険(原作:三島由紀夫。1953年/松竹大船)
  • 夢見る人々(原作:吉屋信子。1953年/松竹大船)
  • 岸壁(1953年/松竹大船)
  • 旅路(原作:大佛次郎。1953年/松竹大船)
  • 家族会議 東京篇・大阪篇(原作:横光利一。1954年/松竹大船)
  • 陽は沈まず(1954年/松竹大船)
  • 江戸の夕映(1954年/松竹大船)
  • 女の一生(原作:山本有三。1955年/松竹大船)
  • 修禅寺物語(原作:岡本綺堂。1955年/松竹大船)
  • あこがれ(1955年/松竹大船)
  • 君美しく(〜うるわしく)[1](1955年/松竹大船)
  • 白い魔魚(原作:舟橋聖一。1956年/松竹大船)
  • 朱と緑(原作:片岡鉄兵。1956年/松竹大船)
  • つゆのあとさき(原作:永井荷風。1956年/松竹大船)
  • 土砂降り(原作:北条秀司。1957年/松竹大船)
  • 集金旅行(原作:井伏鱒二。1957年/松竹大船)
  • 日々の背信(原作:丹羽文雄。1958年/松竹大船)
  • ボロ家の春秋(原作:梅崎春生。1958年/松竹大船)
  • 噛みつかれた顔役(原作:北条秀司。1958年/松竹大船)
  • 春を待つ人々(1959年/松竹大船)
  • いたづら(原作:志賀直哉。1959年/松竹大船)
  • 危険旅行(1959年/松竹大船)
  • 明日への盛装(原作:津村節子。1959年/松竹大船)
  • 危険旅行(1959年/松竹大船)
  • 恋人(1960年/松竹大船)
  • いろはにほへと(原作:橋本忍。1960年/松竹大船)
  • 波の塔(原作:松本清張。1960年/松竹大船)
  • 斑女(原作:村松梢風。1961年/松竹大船)
  • 女の橋(原作:小坂順子。1961年/松竹京都)
  • 河口(原作:井上靖。1961年/松竹大船)
  • 千客万来(1962年/松竹大船)
  • 愛染かつら(原作:川口松太郎。1962年/松竹大船)
  • 求人旅行(1962年/松竹大船)
  • 続・愛染かつら(原作:川口松太郎。1962年/松竹大船)
  • 古都(原作:川端康成。1963年/松竹京都)
  • つむじ風(原作:梅崎春生。1963年/松竹大船)
  • 結婚式・結婚式(原作:松山善三。1963年/松竹大船)
  • 鏡の中の裸像(原作:松山善三。1963年/松竹大船)
  • 二十一歳の父(原作:曽野綾子。1964年/松竹大船)
  • 夜の片鱗(原作:太田経子。1964年/松竹大船)
  • ぜったい多数(原作:曽野綾子。1965年/松竹大船)
  • 暖春(原作:里見弴小津安二郎。1965年/松竹大船)
  • 紀ノ川 花の巻・文緒の巻(原作:有吉佐和子。1966年/松竹大船)
  • 惜春(原作:平岩弓枝。1967年/松竹大船)
  • 智恵子抄(原作:高村光太郎。1967年/松竹大船)
  • 爽春(原作:山口瞳。1968年/松竹大船)
  • わが闘争(原作:堤玲子。1968年/松竹大船)
  • 日も月も(原作:川端康成。1969年/松竹大船)
  • 結婚します(原作:山口瞳。1969年/松竹大船)
  • 風の慕情(1970年/松竹大船)
  • 甦える大地(原作:木本正次。1971年/石原プロ・松竹映配)
  • 愛と死(原作:武者小路実篤。1971年/松竹大船)
  • 辻が花(原作:立原正秋。1972年/松竹大船)
  • 塩狩峠(原作:三浦綾子。1973年)
  • 三婆(原作:有吉佐和子。1974年/東京映画)
  • 遺書 白い少女 (原作:落合恵子 。1976年/松竹・サンミュージック)
  • 日蓮(原作:川口松太郎。1979年/永田雅一プロダクション)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このタイトルから川本三郎は『君美わしく 戦後日本映画女優讃』(文藝春秋、後文春文庫)を書いた。