中村秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 秀樹
渾名 艦長
生誕 1950年8月6日
福岡県
死没 2018年12月10日
東京都
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1974 - 2005
最終階級 2等海佐
除隊後 著述業
テンプレートを表示

中村 秀樹(なかむら ひでき、1950年(昭和25年)8月6日[1] - 2018年(平成30年)12月10日)は、日本の元海上自衛官(2等海佐)。軍事史家。

経歴[編集]

1950年(昭和25年)福岡県生まれ。福岡県立鞍手高校を経て1974年(昭和49年)防衛大学校卒業(18期生)後、海上自衛隊に入隊。2年間の護衛艦勤務の後、潜水艦幹部としての経歴を重ねる。潜水艦「おおしお」機関士、船務士、水雷士、潜水艦「やえしお」水雷長、第2潜水隊群通信幕僚、潜水艦「もちしお」船務長、潜水艦「たかしお」副長、潜水艦「あらしお」艦長を歴任する。潜水艦以外では、海幕技術部、護衛艦隊幕僚、情報本部分析官、幹部学校教官等を勤め、防衛研究所戦史部を最後に2005年(平成17年)に2等海佐で退官。5年間の豪州パース生活の後、福岡で著述や講演活動した。 株式会社タスク・フォース http://taskforce.top/ 代表取締役。 2018年(平成30年)12月10日、東京都内において癌の為死去。

著書[編集]

  • 『本当の潜水艦の戦い方 優れた用兵者が操る特異な艦種』光人社<NF文庫>、2006年。 ISBN 4-7698-2493-9
  • 『本当の特殊潜航艇の戦い その特性を封じた無謀な用兵』光人社<NF文庫>、2007年。ISBN 978-4-7698-2533-3
  • 『これが潜水艦だ 海上自衛隊の最強兵器の本質と現実』光人社<NF文庫>、2008年。ISBN 978-4-7698-2571-5
  • 『自衛隊が世界一弱い38の理由 元エース潜水艦長の告発』文藝春秋、2009年。 ISBN 978-4-16-370790-7
  • 尖閣諸島沖海戦 自衛隊は中国軍とこのように戦う』光人社、2011年。ISBN 978-4-7698-1498-6
  • 『第二次日露戦争 失われた国土を取りもどす戦い』光人社、2013年。ISBN 978-4-7698-2810-5
  • 『日韓戦争 備えなければ憂いあり』光人社、2014年。ISBN 978-4-7698-2860-0
  • 『潜水艦完全ファイル』笠倉出版、2015年。ISBN 978-4-7730-8757-4
  • 『新説 ミッドウェー海戦」光人社、2016年。ISBN 978-4-7698-2965-2
  • 『日本の軍事力 自衛隊のほんとうの実力』KKベストセラーズ、2017年。ISBN 978-4-584-12557-1
  • 『潜水艦 アジア有事の最終兵器』笠倉出版社、2017年。ISBN 978-4-7730-5872-7
  • 月刊『実業界』2007年から2008年 「常在戦場」24回連載。

監修[編集]

  • 『日英蘭 奇跡の出会い-海に眠る父を求めて』学習研修社、2007年。ISBN 978-4-05-403410-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ times.jp/articles/-/6272ベストタイム公式ホームページ