半保護されたページ

中村稔弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

中村 稔弥
千葉ロッテマリーンズ #48
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県佐世保市
生年月日 (1996-07-08) 1996年7月8日(24歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
初出場 2019年6月17日
年俸 1,300万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 稔弥(なかむら としや、1996年7月8日 - )は、長崎県佐世保市出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴

プロ入り前

佐世保市立相浦西小学校1年生の頃にソフトボールを始め、3年生から硬式野球の「佐世保中央リトルリーグ」で投手としてプレーする[2]海星中学校時代は、硬式野球の「長崎海星リトルシニア」に所属し[3]、2年生で日台国際野球大会(阿里山盃)に出場する[2]

高校は長崎県立清峰高等学校に進学。3年生の夏の第96回選手権長崎大会では、初戦の対島原工業高校戦において、酒井圭一(元ヤクルトスワローズ投手)と並ぶ、大会記録タイの18奪三振を記録する[4]。続く3回戦は、九州文化学園に5対2で敗れ、甲子園出場はならなかった[5]

大学は亜細亜大学に進学。2年生の東都大学野球連盟春季リーグでは、最優秀投手とベストナインを獲得する[2]。3年生の秋季リーグ戦は、防御率1.22で最優秀防御率[4]。4年生の春季リーグ戦で自己最多の5勝をマークし[4]東洋大学との優勝決定戦では上茶谷大河と3連投の投げ合いを演じるも、1勝2敗で敗れた[6]。秋季リーグ戦では防御率0.96で最優秀防御率、2度目のベストナインに輝いた[7]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、千葉ロッテマリーンズからドラフト五巡目指名され[8]、11月30日、東京都内のホテルにて入団交渉を行い、契約金4,000万円、年俸800万円(金額は推定)で契約合意に達し[9]、12月4日、ホテルスプリングス幕張にて新入団選手発表会が行われた[10]背番号48

ロッテ時代

2019年6月17日の中日ドラゴンズ戦で先発として初登板を飾るも6回0/3を投げて5失点で負け投手となった[11]。7月11日フレッシュオールスターゲームに出場し7回から登板。小園海斗小幡竜平根尾昂から3者連続空振り三振を奪い、優秀選手賞を獲得した[12]。8月以降はロングリリーフとして一軍に定着し、8月24日ソフトバンク戦で初勝利を記録した[13]。ルーキーイヤーは10試合に登板し1勝1敗3ホールド、防御率は4.32だった。

選手としての特徴

人物

  • 趣味は魚釣りで、暇があれば漁師になった同級生の船で釣りに出掛ける[4]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2019 ロッテ 10 1 0 0 0 1 1 0 3 .500 103 25.0 23 2 8 0 1 21 3 2 12 12 4.32 1.24
通算:1年 10 1 0 0 0 1 1 0 3 .500 103 25.0 23 2 8 0 1 21 3 2 12 12 4.32 1.24
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績



投手












2019 ロッテ 10 1 1 0 0 1.000
通算 10 1 1 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

表彰

記録

背番号

  • 48 (2019年 - )

登場曲

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 開幕1軍で ロッテ5位指名の中村(清峰高-亜大)”. 長崎新聞 (2018年11月7日). 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ 2018ドラフト指名選手 中学野球目線で見た指名選手の都道府県ランキング!”. ヤキュイク・powered by BASEBALLKING (2018年10月29日). 2019年4月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e ロッテ・ドラ5中村稔、最高峰でも左手に「亜細亜ボール」胸には「感謝の心」”. スポニチ Sponichi Annex (2019年1月20日). 2019年4月19日閲覧。
  5. ^ 第96回全国高校野球選手権長崎大会 九州文化学園―清峰(3回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年7月23日). 2019年4月19日閲覧。
  6. ^ 東洋大が3連覇 3連投の上茶谷が6回0封で6勝目 日刊スポーツ 2018年5月31日配信
  7. ^ a b ロッテD5・中村稔、左腕でさらに威力増す東浜、山崎らから受け継ぐ「亜細亜ボール」”. SANSPO.COM (2019年1月25日). 2019年4月19日閲覧。
  8. ^ ロッテ、D5位・中村稔に指名あいさつ 先輩の鷹・松田「直球かツーシームで勝負」”. SANSPO.COM (2018年10月26日). 2019年4月19日閲覧。
  9. ^ ロッテ5位中村稔弥が契約、チームも侍でもエースに”. 日刊スポーツ (2018年11月30日). 2019年4月18日閲覧。
  10. ^ 2018/12/04(火) 新入団選手発表会を開催!!”. 千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト (2018年12月4日). 2019年4月18日閲覧。
  11. ^ ロッテ中村稔弥、3回完全も「悔やまれる」初登板”. 日刊スポーツ (2019年6月17日). 2019年12月8日閲覧。
  12. ^ ロッテ・中村稔が優秀選手賞「取れると思わなかった」/フレッシュオールスター”. サンケイスポーツ. 2020年4月26日閲覧。
  13. ^ ロッテ中村稔弥プロ初勝利「打たれたけどよかった」”. 日刊スポーツ (2019年8月24日). 2019年12月8日閲覧。

関連項目