中村順司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 順司
名古屋商科大学野球部 総監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県中間市
生年月日 (1946-08-05) 1946年8月5日(72歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • キャタピラー三菱
  • PL学園高等学校 (1976 - 1998)
  • 名古屋商科大学

中村 順司(なかむら じゅんじ、1946年8月5日 - )は、アマチュア野球指導者。元PL学園野球部監督であり、現在は名古屋商科大学硬式野球部総監督[1]福岡県中間市出身。長男は日本大学東北高等学校野球部部長の中村猛安。

来歴・人物[編集]

仰木彬に憧れ、地元の東筑高校に進む予定であったが、セレクションを経てPL学園(甲子園出場)に入学。名古屋商科大学へ進学し、愛知大学リーグで通算86試合出場、277打数58安打、打率.209、0本塁打、17打点。1966年春季のリーグ戦で遊撃手のベストナインに選ばれた。社会人野球のキャタピラー三菱(相模原市。現在廃部)にて選手・コーチをした後、1976年12月に母校PL学園のコーチとなり、1980年8月5日に監督就任。

翌年の1981年春にはPL学園を全国優勝させ、全国に名を知らしめることになった。以後、1982年春連覇1983年夏優勝を経て、1984年春の決勝戦で敗れるまで、甲子園20連勝という前人未到の記録を残す。その後も1985年夏優勝、1987年春夏連覇を含め春夏合計6回優勝、勝率.853は監督として西谷浩一に、甲子園通算58勝(10敗)は高嶋仁に次いで2位の記録である。

清原和博桑田真澄KKコンビを始め、立浪和義松井稼頭央サブロー(大村三郎)、福留孝介らを代表とする、数々の超高校級の選手を育てあげた名将。監督就任後は、1981年度卒業生の吉村禎章若井基安西川佳明から、1998年度卒業生の大西宏明平石洋介2000年度卒業生加藤領健中尾敏浩に至るまで、すべての年度の卒業生の少なくとも一人以上を最終的にプロ入りさせている。

1998年春の選抜大会で、準決勝の横浜高校との対戦を最後に、18年間務めたPL学園の監督を勇退となった。同年夏の選手権大会からはNHKの高校野球中継で解説を務めた。

2015年11月25日、同年度限りでの名古屋商科大学硬式野球部監督を退任を表明。翌2016年4月1日付で総監督に就任した[2]

2018年、GAORA第90回記念選抜高等学校野球大会中継において17年ぶりにテレビ中継の解説を務めた。

万能型の名将[編集]

中村といえば甲子園20連勝の采配、強運と共に多くの一流選手を育てた技術指導の上手さが強調されがちであるが、時には大胆さも見せる万能型の指揮官でもあった。

それが遺憾なく発揮されたのが1983年選手権の大会で、PL学園は共に1年生のエースの桑田、4番清原を擁して勝ち進み、準決勝で徳島の池田高校と対戦する事となった。PLも1981年、1982年春と連覇した強豪ではあったが、池田は1982年夏、1983年春に夏春連覇したそれ以上の強豪であり、この夏優勝すれば史上初の夏春夏の3連覇がかかっていた。エースの水野雄仁は剛速球に加え、勝負どころではシュートで詰まらせるクレバーさも持ち合わせた超高校級の投手で、山びこ打線といわれた強力打線がこの大会で猛威を発揮しており、下馬評では池田有利だった。加えて桑田は準々決勝の高知商戦で打ち込まれており、水野自身も、著書で高知商には四国大会で圧勝している為、準々決勝で当たった中京(現中京大中京高校)よりもPLの方が力は落ちると見ていたという。

この高校生離れした強さを誇る池田に対し、中村は「池田の選手とて高校生」とむしろ選手達には精神面での対等性を強調したという。そして引っ張る事が難しい水野の速球やシュートに対し、「流し打ちなどチャチな事考えるな。思い切って引っ張っていけ」と桑田に指示し、桑田は指示通り2回裏に水野の速球をレフトへ特大の先制2ランを放った。更にこの直後ラストバッターがソロで続き、7番打者もこの後一発も放って、山びこ打線のお株を奪うかのように水野から計3発7点をたたき出し、桑田は投げる方でも池田の山びこ打線を何と完封してしまった。打たれた水野は3回戦の広島商戦で頭に死球を受けていたが、「中京戦のピッチングや清原も完璧に抑えられたことを考えると、死球の影響ではないと思う。結局PLに対する油断や隙があったことが最大の敗因だった。」と振り返っている[3]

年月の経った現在の視点からは、この一戦は歴史上の強豪対決の一つとして語られる事が多く、大番狂わせとは見づらいが、この時の世論は池田が優勝するという見方が大勢であり、この池田の準決勝での敗戦は、一般ニュースでも取り上げられる程の話題でもあった。

選手育成に関しては、無理に型にはめることはせず、合理的な体の使い方を教えたり、野球人としての心構えを教えたりすることで高校卒業後も野球選手としてレベルアップしていくことを主眼に置いた指導をする。

甲子園での成績[編集]

  • 1981年春 ○5-0岡山理大付 ○1-0東海大工 ○8-2日立工 ○4-0倉吉北 ○2x-1印旛 (優勝)
  • 1982年春 ○4-1東北 ○2-1浜田 ○1-0箕島 ○3x-2横浜商 ○15-2二松学舎大付 (優勝)
  • 1983年夏 ○6-2所沢商 ○7-0中津工 ○6-2東海大一 ○10-9高知商 ○7-0池田 ○3-0横浜商 (優勝)
  • 1984年春 ○18-7砂川北 ○10-1京都西 ○6-0拓大紅陵 ○1x-0都城 ●0-1岩倉 (準優勝)
  • 1984年夏 ○14-1享栄 ○9-1明石 ○9-1都城 ○2-1松山商 ○3-2金足農 ●4-8取手二 (準優勝)
  • 1985年春 ○11-1浜松商 ○6-2宇部商 ○7-0天理 ●1-3伊野商 (ベスト4)
  • 1985年夏 ○29-7東海大山形 ○3-0津久見 ○6-3高知商 ○15-2甲西 ○4x-3宇部商 (優勝)
  • 1986年春 ●1-8浜松商
  • 1987年春 ○3-1西日本短大付 ○8-0広島商 ○3x-2帝京 ○8-5東海大甲府 ○7-1関東一 (優勝)
  • 1987年夏 ○7-2中央(群馬) ○7-2九州学院 ○4-0高岡商 ○4-1習志野 ○12-5帝京 ○5-2常総学院 (優勝)
  • 1992年春 ○14-1四日市工 ○3-1仙台育英 ●0-2東海大相模 (ベスト8)
  • 1994年春 ○10-0拓大一 ○4-0金沢 ○10-1神戸弘陵 ●4-5智弁和歌山 (ベスト4)
  • 1995年春 ●7-10銚子商
  • 1995年夏 ○12-3北海道工 ○3-1城北(熊本) ○10-5日大藤沢 ●6-8智弁学園 (ベスト8)
  • 1996年夏 ○4-0旭川工 ○11-4県岐阜商 ●6-7高陽東
  • 1998年春 ○5-1樟南 ○9-0創価 ○3-1敦賀気比 ○3x-2明徳義塾 ●2-3横浜 (ベスト4)

著書[編集]

  • 『中村順司の野球はうまくなる! (宝島新書)』(宝島社、2001/9、ISBN 978-4796624060)
  • 『甲子園最高勝率 PL学園・中村流超エリート育成論 (ベースボール・マガジン社新書)』(ベースボールマガジン社、2010/7、ISBN 978-4583102818)

関連書籍[編集]

  • 『集英社版・学習漫画 少年野球 上達法がよくわかる完全図解』(中村順司(監修)、茶留たかふみ(イラスト)、集英社、2007/5、ISBN 978-4082880903)
  • 『PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?』(橋本清(著)、ぴあ、2009/3、橋本清が第10章で中村を取材、ISBN 978-4835617282)

キャリア・経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名将・中村順司氏の指導哲学「高校野球は社会の縮図」 - 日本経済新聞(2015/8/6 6:30)
  2. ^ 名古屋商大・中村順司監督が退任へ PL時代6度V - 日刊スポーツ(2015年11月25日17時1分)
  3. ^ 『高校野球思い出の名勝負30+1夏』のスペシャルインタビュー(p.16~p.20)(2011年7月30日刊行、ISBN 9784583617916、ベースボールマガジン社

関連項目[編集]