中条景資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
中条景資
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文元年(1532年)?
死没 天正元年9月22日1573年10月17日
墓所 山形県米沢市相生町の極楽寺
新潟県胎内市東本町の大輪寺
官位 山城守
主君 上杉謙信
氏族 越後中条氏
父母 父:中条藤資、母:高梨政盛
兄弟 景資、資興、資泰
正室:高梨政頼
俊子(中条景泰正室)
養子:堅親(河田元親三男)、
景泰吉江景資次男)

中条 景資(なかじょう かげすけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上杉氏の家臣。中条氏20代当主。

生涯[編集]

中条藤資の子として誕生。永禄11年(1568年)、上杉氏家臣筆頭だった父・藤資が死去すると中条氏の家督を相続した。その年、本庄繁長武田信玄の調略に応じて謀叛を企てると、景資にも誘いの密書が送られたが、密書の封をそのままに謙信に送り届け、征伐軍に加わり本庄城を攻撃した。

その後も謙信に従い上杉氏重臣として越中国や関東に転戦したが、天正元年(1573年)、死去。享年42。景資には男子が無かったため、婿養子・景泰が中条氏を継いだ。

系譜[編集]