中条町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかじょうまち
中条町
Flag of Nakajo Niigata.png
Nakajo Niigata chapter.jpg
中条町旗 中条町章
廃止日 2005年9月1日
廃止理由 新設合併
中条町黒川村胎内市
現在の自治体 胎内市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
北蒲原郡
団体コード 15310-9
面積 84.58km2
総人口 26,851
(2005年4月1日)
隣接自治体 黒川村荒川町
新発田市
町の木 マツ[1]
町の花 チューリップ[1]
中条町役場
所在地 959-2693
新潟県北蒲原郡中条町新和町2-10
外部リンク 中条町Internet Archive
中条町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

中条町(なかじょうまち)は、かつて新潟県北蒲原郡にあった。新潟県北東部に位置し、日本海に面していた。

地理[編集]

面積は84.58平方キロメートル。全長15kmにおよぶ海岸線を有する。胎内川河口に広がる典型的な扇状地。乙(きのと)地区では伏流水が自噴し、わずか標高8mの地点に高山植物のミズバショウが自生している。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

中世には周辺一帯に奥山荘といわれた荘園が存在し、鎌倉時代から戦国時代までは中条氏が支配した。近世には新発田村上という2つの城下町の中間に位置することもあり宿場町として栄えた[2]。なお、宿場町のまち並みは合併後の2010年度に新潟県の景観づくりモデル地区に指定されている[3]

市町村合併[編集]

黒川村との1町1村による任意合併協議会が2003年12月25日に設立された。

2004年9月17日に(法定)合併協議会へ移行した。

2004年1月12日黒川村長布川陽一は、中条町長丸岡隆二に「両町村の住民同士における信頼関係が損なわれた」として協議会の中断を通告。翌1月13日に予定されていた法定合併協議会は中止となった。

行政[編集]

  • 町長:丸岡隆二(2004年から)

経済[編集]

産業[編集]

農業は、コシヒカリの生産を中心に、葉たばこチューリップの球根の生産が盛んで、チューリップの球根の生産量は日本一。 工業は、昭和30年代に天然ガスが発見されて以降大手化学工場が進出し、アクリルなどを生産。また一部は都市ガスとして供給されている。そのほかにも大手企業の工場が進出する。天然ガスは水溶性ガスが多く、副産物としてかん水を産出しヨードの生産や温泉に利用されている。 町中心部の北西には広大な工業団地がある。

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

大学[編集]

  • 南イリノイ大学新潟校
    • 1988年には中条町に日本分校(新潟校)として設置された。2004年[要出典]提携関係を解消し、名称をインターナショナル留学カレッジに変更。2007年に閉校し校舎などの一部は開志国際高等学校に転用された。

高等学校[編集]

このほか、合併後に開志国際高等学校が開学している。

中学校[編集]

  • 中条町立中条中学校
  • 中条町立乙中学校
  • 中条町立築地中学校

小学校[編集]

  • 中条町立中条小学校
  • 中条町立柴橋小学校
  • 中条町立本条小学校
  • 中条町立きのと小学校
  • 中条町立築地小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域はJR羽越本線の沿線となっており、町内には2つの駅がある。

道路[編集]

高速道路
一般国道
町内を走る一般国道
国道7号
国道113号
国道345号
県道(主要地方道
新潟県道3号新潟新発田村上線
新潟県道54号中条紫雲寺線

娯楽[編集]

  • 村松浜海水浴場
  • 塩の湯温泉
  • 中条文化劇場 - 1969年の中条町では唯一の映画館[4]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 市町村要覧:中条町
  2. ^ 阿賀北・新発田地域 文化・歴史探訪 まち歩き・まち巡りガイドマップ - 新潟県.2019年2月6日閲覧。
  3. ^ H22景観づくりモデル地区指定箇所:胎内市本町地区 - 新潟県土木部都市政策課.2019年2月3日閲覧。
  4. ^ 1969年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。『映画年鑑 1969年版 別冊 映画便覧 1969』時事通信社、1969年

参考文献[編集]

関連項目[編集]