中東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中東
Middle East
伝統的中東
伝統的中東
中東の地図

中東(ちゅうとう、英語: Middle East)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。

概念[編集]

中東の概念は物理的に明確な地理的要因に由来するものではなく、特定の主体から見て東に位置する地域を指し示す相対的な概念であり、その範囲は国際政治の変化や文化的な認識の変化により時代とともに伸縮してきた[1]

19世紀には「中近東(Near and Middle East)」の呼び方のほうが一般的であった[2]。「中東」を最初に使用した人物は米国の海軍軍人アルフレッド・セイヤー・マハンで1902年のことといわれているが、その範囲は曖昧であり、厳密な定義をして用いるようになったのはイギリスの政治行政官である[1][2]。極東(Far East)、中東(Middle East)、近東(Near East)などはイギリスからみた呼称として成立した[3]

「中東」はオスマン帝国の崩壊を背景にイギリスの最も重要な植民地であったインドに至る地域(トルコエジプトシリアイラクなど)を指す呼称として次第に形成された[1]。また、「近東」は東方問題が焦点となる中でオスマン帝国の領域を可視化する呼称として形成された[1]。そのため、当初の「中東」の概念は第二次世界大戦後に定着したものとは大きく異なる[1]。「近東」とはトルコやアラブ世界にバルカン半島を含む地域を言った[1]。また、第二次世界大戦以前において「近東」と並行して「中東」が用いられる場合、イランコーカサスアフガニスタン中央アジア、さらに広義にはインドシナ半島トルキスタンに至る地域を含むことがあった[1][3]

第二次世界大戦が起こるとイギリスは北アフリカや西アジアでドイツやイタリアなどと対戦し、そこでは作戦上使用する呼称として中東(MENA)が使われるようになった[3]

第二次世界大戦後は中東と近東の区別が曖昧になり、ニューヨーク・タイムズは同じ地域に2つの呼称を使用していたが1954年に「中東」に表現を統一した[3]。また、アメリカも1957年のアイゼンハワー・ドクトリンで公式文書として初めて「中東」を使用し、1958年の国務省の見解で「中東」と「近東」は交換可能な用語と説明された[1]

アメリカの中東戦略[編集]

冷戦崩壊以降、国際安全保障環境は民族・宗教対立の表面化、核拡散、国際秩序の地域分化などが顕著となった。アメリカは、産油国でありながらかつ紛争の絶えない中東への介入を拡大させ、湾岸戦争後はイラクに対する敵視政策を拡大してきた。2001年における4年ごとの国防見直し (QDR) においては中東から東アジアにかけての広い地域を不安定の弧と位置づけ、対アジア戦略の中枢に据えてきた。中でも中東は紛争の絶えない地域でありアメリカの世界戦略の軸とされてきた。

こうしたアメリカの中東への介入によりアルカーイダはアメリカに対する敵視・敵対・テロ活動を増大させ、2001年にアメリカ同時多発テロ事件が勃発、アメリカの富の象徴、ニューヨークマンハッタン世界貿易センタービル(ワールド・トレード・センター)、並びにアメリカの国防機関の中枢、国防総省へのテロが発生し、時のジョージ・W・ブッシュ大統領は、このテロを「新しい戦争」と呼び、ますます中東への介入を強めた。

しかし、国際法上、テロに対する戦争が困難だったアメリカはテロ支援国家を攻撃することによりこれに対抗しようとした。その結果がアフガニスタンターリバーン政権打倒であり、イラク戦争であった。イラク戦争をはじめとするアメリカの中東戦略は国連安保理の承認を経ずに自国とイギリスを中心とした有志連合によって攻撃をしたため、国際社会から批判された。

アフガニスタンに対してはアフガニスタン戦争でターリバーン政権を打倒し、国連安全保障理事会で採択したアフガニスタンの再建・復興プロセスに基づいて、暫定国会選挙、新憲法案の採択、憲法承認国民投票、正式国会選挙、大統領選挙と政府の樹立などの政治体制の変革を遂行し、2014年末中のアフガニスタンへの派遣軍の全軍撤退をめざしているが、ターリバーンによるテロは収束せず治安回復や復興計画が進展していない[4]

イラクに対してはイラク戦争でフセイン政権を打倒し、国連安全保障理事会で採択したイラクの再建・復興プロセスに基づいて、暫定国会選挙、新憲法案の採択、憲法承認国民投票、首相の選挙と政府の樹立などの政治体制の変革を遂行し、テロが完全に収束せずテロによる死傷者が発生している状況ではあるが、2011年末にイラクへの派遣軍を全撤退させた[5]

日本との関係[編集]

20世紀前半の中東は欧米列強の侵略に悩まされた地域である。植民地支配からの独立後、また中東戦争時に欧米諸国が一斉に人材や資本を引き上げた時に西側諸国として唯一、政府開発援助国際協力機構を通じて国際協力を続けた。日本にとっても豊かな産油国であるこれらの国との関係はエネルギー安全保障上において重要なパートナーであり、日本から東南アジアインド洋、そして中東にかけて伸びる海洋交通路即ちシーレーンの防衛が課題となっている。

1970年代から1980年代にかけて新左翼系国際テロ組織日本赤軍による活動拠点となり、多数の民間人が犠牲になったテルアビブ空港乱射事件や日航機ハイジャック事件などの日本赤軍事件の舞台ともなった。

アメリカ合衆国によるイラク戦争の開戦後は、日本もアメリカの同盟国としてイラク戦争の支持を表明し、イラク戦争の後方支援並びにイラク戦後復興支援に尽力している。日本のイラクへの自衛隊派遣に反対する人々は「アメリカの戦争への協力」、「アメリカのいいなり」、「イラク国民のためにならない」、「自衛隊の派遣は憲法違反」、「武装組織との戦闘によりイラク国民にも自衛隊にも死傷者が発生したらイラク国民の対日感情が悪化する」などの理由で批判し、日本の左派系のマスコミによって論争になった。イラクでアメリカ軍やイギリス軍を攻撃した武装勢力は、イラクに派遣された日本の自衛隊に対しては攻撃せず、自衛隊はイラクの武装勢力との戦闘による死傷者は発生せず、自衛隊もイラク国民を死傷させなかった。イラクからの自衛隊の撤退後に、イラクの大統領、首相、外相、その他の閣僚や政府幹部、国会議員団が来日して、日本の首相や閣僚と会談した時に、日本がイラク戦争後のイラクの復興に協力したことに感謝を表明した[6][7][8][9][10][11][12][13]

伝統的中東(深緑色)とG8によって提案された拡大中東(薄緑色)

中東の国 - 首都の一覧[編集]

ここでは中東の国として、西アジア諸国・地域、及びに北アフリカアラブ諸国(アラブ人が多数を占める国)を記載する。

伝統的中東[編集]

国旗
国章
国名
正式国名
原語(公用語)表記
人口
面積 (km2)
首都
アラブ首長国連邦の旗 Emblem of the United Arab Emirates.svg アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦 الإمارات العربيّة المتّحدةアラビア語 4,599,000 82,880 アブダビ
イエメンの旗 Emblem of Yemen.svg イエメン イエメン共和国 الجمهوريّة اليمنيةアラビア語 23,580,000 527,970 サナア
イスラエルの旗 Emblem of Israel.svg イスラエル イスラエル国 מדינת ישראלヘブライ語
دولة اسرائيلアラビア語
7,170,000 20,770 エルサレム(イスラエルの主張)
テルアビブ(国際連合の主張)
イラクの旗 Coat of arms of Iraq (2008–present).svg イラク イラク共和国 الجمهورية العراقيةアラビア語
كۆماری عێراقクルド語
30,747,000 437,072 バグダード
イランの旗 Emblem of Iran.svg イラン イラン・イスラム共和国 جمهوری اسلامی ایرانペルシア語 74,196,000 1,648,195 テヘラン
エジプトの旗 Coat of arms of Egypt.svg エジプト エジプト・アラブ共和国 جمهوريّة مصرالعربيّةアラビア語 82,999,000 1,001,450 カイロ
オマーンの旗 National emblem of Oman.svg オマーン オマーン国 سلطنة عُمانアラビア語 2,845,000 312,460 マスカット
カタールの旗 Emblem of Qatar.svg カタール カタール国 دولة قطرアラビア語 1,409,000 11,437 ドーハ
クウェートの旗 Emblem of Kuwait.svg クウェート クウェート国 دولة الكويتアラビア語 2,985,000 17,820 クウェート
サウジアラビアの旗 Emblem of Saudi Arabia.svg サウジアラビア サウジアラビア王国 المملكة العربية السعوديةアラビア語 25,721,000 2,149,690 リヤド
シリアの旗 Coat of arms of Syria.svg シリア シリア・アラブ共和国 الجمهوريّة العربيّة السّوريّةアラビア語 21,906,000 185,180 ダマスクス
トルコの旗 Emblem of Turkey.svg トルコ[t 1] トルコ共和国 Türkiye Cumhuriyetiトルコ語 74,816,000 780,580 アンカラ
バーレーンの旗 Emblem of Bahrain.svg バーレーン バーレーン王国 مملكة البحرينアラビア語 791,000 665 マナーマ
パレスチナの旗 Coat of arms of the Palestinian National Authority.svg パレスチナ パレスチナ暫定自治政府[t 2] فلسطينアラビア語 4,277,360 6,220 ラマッラーおよびガザ
東エルサレムを希望)
ヨルダンの旗 Coat of arms of Jordan.svg ヨルダン ヨルダン・ハシミテ王国 المملكة الأردنّيّة الهاشميّةアラビア語 6,316,000 92,300 アンマン
レバノンの旗 Coat of arms of Lebanon.svg レバノン レバノン共和国 الجمهوريّة البنانيّة アラビア語 4,224,000 10,400 ベイルート

拡大中東[編集]

国旗
国章
国名
正式国名
原語(公用語)表記
人口
面積 (km2)
首都
アフガニスタンの旗 National emblem of Afghanistan.svg アフガニスタン[t 3] アフガニスタン・イスラム共和国 جمهوری اسلامی افغانستانアラビア語 31,108,077 652,225 カーブル
アルジェリアの旗 Emblem of Algeria.svg アルジェリア[t 3] アルジェリア民主人民共和国 الجمهورية الجزائرية الديمقراطية الشعبيةアラビア語 34,895,000 2,381,740 アルジェ
キプロスの旗 キプロス[t 3][t 1] キプロス共和国 Κυπριακή Δημοκρατίαギリシア語
Kıbrıs Cumhuriyetiトルコ語
871,000 9,250 [14] ニコシア
北キプロス・トルコ共和国の旗 Coat of arms of the Turkish Republic of Northern Cyprus.svg 北キプロス[t 3][t 1] 北キプロス・トルコ共和国 Kuzey Kıbrıs Türk Cumhuriyetiトルコ語 265,100 3,355 レフコシャ
スーダンの旗 Emblem of Sudan.svg スーダン[t 3] スーダン共和国 جمهورية السودانアラビア語
Republic of the Sudan英語
30,894,000 1,886,068 ハルツーム
チュニジアの旗 Coat of arms of Tunisia.svg チュニジア[t 3] チュニジア共和国 الجمهرية التونسيةアラビア語 10,272,000 163,610 チュニス
西サハラの旗 Coat of arms of the Sahrawi Arab Democratic Republic.svg 西サハラ[t 3] サハラ・アラブ民主共和国 الجمهورية العربية الصحراوية الديمقراطيةアラビア語
República Árabe Saharaui Democráticaスペイン語
502,585 266,000 アイウン(名目上の首都)
ティファリティ(暫定的な首都)
ティンドゥフ(事実上の首都)
ジブチの旗 Emblem of Djibouti.svg ジブチ[t 3] ジブチ共和国 République de Djiboutiフランス語
جمهورية جيبوتي アラビア語
864,000 23,000 ジブチ
ソマリアの旗 Coat of arms of Somalia.svg ソマリア[t 3] ソマリア連邦共和国[t 4] Soomaaliyaソマリ語
الصومالアラビア語
10,272,000 163,610 モガディシュ
パキスタンの旗 State emblem of Pakistan.svg パキスタン[t 3] パキスタン・イスラム共和国 'اسلامی جمہوریت پاکستان'ウルドゥー語
Islamic Republic of Pakistan英語
180,808,000 803,940 イスラマバード
モロッコの旗 Coat of arms of Morocco.svg モロッコ[t 3] モロッコ王国 المملكة المغربيةアラビア語 31,993,000 446,550 ラバト
モーリタニアの旗 Seal of Mauritania (December 2018).svg モーリタニア[t 3] モーリタニア・イスラム共和国 الجمهورية الإسلامية الموريتانيةアラビア語
République islamique de Mauritanieフランス語
3,291,000 1,030,700 ヌアクショット
リビアの旗 [t 5] リビア[t 3] リビア国 الجماهيرية العربية الليبية الشعبية الإشتراكيةアラビア語 6,420,000 1,759,540 トリポリ

表註[編集]

  1. ^ a b c ヨーロッパにも分類され得る
  2. ^ 2013年現在、国際連合に加盟する193カ国中134カ国(69.4%)から「パレスチナ国State of Palestine)」として国家承認されている。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m G8により提案された拡大中東。外務省 平成17年版(2005年)外交青書
  4. ^ 2012年8月暫定政権の統治が終了するまでは、「ソマリア共和国Republic of Somalia)」を国名としていたが、全土を実効支配しておらず、公式国名と見なされていなかった。
  5. ^ 2011年リビア内戦後のリビア国民評議会による暫定政権はロゴマークのみしか制定しておらず、正式な国章はまだ決まっていない。

言語[編集]

この地域で話される主要言語としては、アフロ・アジア語族に属するアラビア語ヘブライ語インド・ヨーロッパ語族に属するペルシャ語クルド語アルタイ諸語に属するトルコ語などがある。

中東で最も広く話される言語はアラビア語であり、中東はおおまかにアラビア語圏と非アラビア語圏に二分することができる。アラビア語圏はマグリブ諸国やエジプト、アラビア半島諸国、シリアやイラクなどであり、これらの国では公用語がアラビア語とされている。アラビア語圏の国家は中東地域の過半を占めており、地域の共通語として広く話される。これに対し、ペルシャ語を話すイランやトルコ語を話すトルコ、ヘブライ語を話すイスラエルは非アラビア語圏に属する。

宗教[編集]

中東はユダヤ教、キリスト教、イスラム教の誕生した地であり、イスラム教の聖都であるメッカメディナはこの地に存在し、毎年世界中から多数の巡礼を受け入れている。また、エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3宗教がすべて聖地としており、11世紀末から170年以上にわたって断続的に行われた十字軍などに見えるように、3宗教の争奪の地となってきた。21世紀においてはこの地域の信仰は圧倒的にイスラム教が多数を占める。非イスラム教徒が多数派を占める国家はイスラエルただ一国である。ただし、レバノンはマロン派のキリスト教徒が比較的多く、またエジプトにはコプト派のキリスト教徒が一定数存在する。イスラム教徒の大半はスンニ派であるが、イランの国民の多くはシーア派に属する十二イマーム派を信仰している。イランにはゾロアスター教バハーイー教の小規模なコミュニティも存在する。イラクはシーア派が6割、スンニ派が3割5分を占めており、両派の間に対立がある。バーレーンもシーア派が75%、スンニ派が25%を占めるが、同国の首脳部はスンニ派で占められ、国民の多数派であるシーア派とはしばしばはげしく対立する。オマーンにおいてはシーア派内のイバード派が主流となっている。

民族[編集]

中東最大の民族はアラブ人であり、エジプトやサウジアラビアをはじめ、中東の過半の国々はアラブ人が多数派を占めている。アラブ人に次いで人口規模が大きいのはペルシャ人トルコ人であり、それぞれイランとトルコの人口の大多数を占める。その次に人口が多いのはトルコ・イラン・イラクの三か国にまたがる山岳地帯に居住し、2,500万~3,000万人の人口を抱えるクルド人であるが、クルド人は独自の国を持たず、居住するどの国においても少数派である。このため、とくに居住者の多いイラクやトルコとの間に紛争が多発している。イラクにおいては、2003年バアス党政権崩壊によってクルディスタン地域に大きな自治が与えられるようになった。このほか、イスラエルにおいてはユダヤ人が多数派である。ユダヤ人はもともとパレスチナの地に居住しており、アラブ人と共存していたが、19世紀後半以降シオニズムの進展とともにパレスチナへの移住者が増大し、人口バランスが崩れて紛争が多発するようになった。やがて両者の対立は1948年第一次中東戦争として火を噴き、勝利したユダヤ人は建国したイスラエルの基盤固めに成功したが、その後も両民族間では対立が絶えず、四度にわたる中東戦争を招くこととなった。イスラエルにおいては建国後ユダヤ人の流入がさらに増大したものの、アラブ人を排除しているというわけではなく、人口の20%はアラブ人が占めている。

政治[編集]

中東の政治の最大の対立点はイスラエルである。イスラエルはほかの中東諸国のほとんどすべてと対立状態にあり、そのため中東諸国がすべて加盟している地域協力機構は存在しない。イスラエルを除けば、中東地域で域内大国と言えるのはエジプト、トルコ、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の5か国である。エジプトは人口8000万人を抱える中東最大の国家であり、政治面でも文化面でもアラブ諸国の主導権を長く握ってきた。これに対抗できるアラブ人国家はサウジアラビアのみである。サウジアラビアは人口は3000万人弱であるが、聖地であるメッカメディナの統治者であり、また世界最大の産油国であることから経済的にも強く、宗教面・経済面で影響力が強い。これらのアラブ人国家はすべてアラブ連盟に加盟しており、アラブ連盟は中東最大の地域協力機構となっている。ただしアラブ連盟はあくまでもアラブ人諸国家の連合組織であり、イスラエルはもとより、トルコ人を主体とするトルコやペルシャ人を主体とするイランも加盟してはいない。中東域内のアラブ人国家には過去何度か統合の動きがあり、1958年にはエジプトとシリアが連合してアラブ連合共和国が、同年イラクとヨルダンが連合してアラブ連邦が結成されたが、アラブ連邦はわずか数か月で、アラブ連合共和国も3年後の1961年に崩壊した。また、ペルシャ湾岸の諸国の間では湾岸協力会議という独自の地域協力機構が存在する。トルコもこの地域では経済力が強く存在感を持っているが、同国はヨーロッパ連合加盟を長年求め続けているようにヨーロッパ志向も強い。

歴史[編集]

現在中東と呼ばれている地域は地球上でもっとも古くから文明の発達した土地である。この地域に成立したエジプト文明メソポタミア文明の二つの大文明、およびそれを含む肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域はエジプトやバビロニアヒッタイトアケメネス朝ペルシアなど古来より多くの帝国を育んできた。紀元前331年にはアケメネス朝がマケドニア王国アレクサンドロス3世によって征服されるが、アレクサンドロスの帝国はすぐに崩壊し、中東全域はその後継国家であるセレウコス朝シリア王国とプトレマイオス朝エジプト王国に分割されたが、この時の文化混交によって政治的・文化的にヘレニズムと呼ばれる一時代が形成された。その後ヘレニズム国家はローマ帝国によって併合され、イラン高原はパルティア王国によって支配された。このシリア・エジプトを支配する地中海国家とメソポタミア・イラン高原を支配するペルシア国家の構図は、両国崩壊後の東ローマ帝国サーサーン朝の両王朝においても継続された。

この構図が根本的に変動するのは、622年にアラビア半島に成立したイスラム帝国が北上を開始してからである。イスラム帝国はサーサーン朝を滅亡させて東ローマ帝国をアナトリアの端にまで追いつめ、中東のほぼ全域を統一的な支配下におさめた。この中東の統一は9世紀初頭のアッバース朝初期まで続き、この時期以降中東ではイスラム教が支配的な宗教となった。その後アッバース朝の衰退により各地にイスラム王朝が分立するようになり、1095年から1291年にかけては十字軍国家がパレスチナからシリアにかけて勢力を張ったこともあったものの、イスラムの優越は現代まで続いている。16世紀初頭には中東西部はオスマン帝国によって統一され、イラン高原のサファヴィー朝と対峙するようになった。この中東東西勢力の対立はイランでの王朝交代をはさみつつ19世紀まで続くものの、やがて両勢力ともに衰退し、ヨーロッパからの介入を招くようになった。

将来予測[編集]

地球温暖化の深刻な影響により、将来的には全世界での中でも、夏の暑さが人類にとっての生存の限界(湿球温度35度)に達する日が本格的に発生して居住不能になるのが最も早い地域の一つと予測されており、実際その限界の状況が数日だけだが2015年に発生したことがあった。

中東の主要都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 池内恵. “「中東」概念の変容  中国・インドの台頭と「西アジア」の復活?”. 中東協力センターニュース 2018・7. 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ a b 栗田禎子「中東情勢と日本・世界のゆくえ」『公共研究』第13巻第1号、千葉大学、 178頁。
  3. ^ a b c d 畑中美樹. “最近の中東情勢と世界経済への波及”. 中経連 2020.1. 中部経済連合会. 2020年6月30日閲覧。
  4. ^ 外務省>アフガニスタン・イスラム共和国>基礎データ
  5. ^ 外務省>イラク共和国>基礎データ
  6. ^ 外務省>イラク共和国>麻生総理とタラバーニー・イラク大統領との会談
  7. ^ 外務省>イラク共和国>イラク副大統領と麻生外務大臣との会談について(概要)
  8. ^ 外務省>イラク共和国>ハーシミー・イラク副大統領と中野経済産業副大臣及び宇野外務大臣政務官との会談
  9. ^ 外務省>イラク共和国>マーリキー・イラク首相と麻生外務大臣との会談について(概要)
  10. ^ 外務省>イラク共和国>野田総理大臣とマーリキー・イラク首相の会談
  11. ^ 外務省>イラク共和国>ズィーバーリー・イラク外相による野田総理表敬
  12. ^ 外務省>イラク共和国>シャハリスターニー・イラク石油大臣、ハリーリー同国産業鉱物資源大臣一行の中曽根外務大臣との会談
  13. ^ 外務省>イラク共和国>イラク国会議員代表団による榛葉外務副大臣表敬
  14. ^ この内、3,355km2北キプロス・トルコ共和国の実効支配地域。

関連項目[編集]