中林梧竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中林梧竹

中林 梧竹(なかばやし ごちく、文政10年4月19日1827年5月14日) - 大正2年(1913年8月4日)は、日本書家明治の三筆の一人。名を隆経、通称は彦四郎、字は子達梧竹である。また剣閣主人ともいった。家は代々鍋島藩の支藩小城藩の家臣であった。

業績[編集]

明治書家にあっては珍しい造形型を追求した独特の書風を確立し、その新書風で書壇への影響力が大きかった。六朝書法を探究して、多くの碑拓を請来したため、書というよりもむしろ絵画の味わいがある。また、水墨画も数多く残している。

同じく「明治の三筆」に数えられる日下部鳴鶴巌谷一六と比べると、梧竹が手がけた石碑は少なく、現在全国に50基程を確認できる。石碑の文字にも独特の書風が現れているものが多いが、一部は正統の楷書で書かれている[1]

略歴[編集]

  • 肥前国小城藩(現在の佐賀県小城市)出身。
  • 18歳の時に藩命により江戸に留学し、山内香雪、市河米庵の門に入ってを学んだ。
  • 明治10年(1877年、51歳)、清国の余元眉(よげんび、長崎の清国理事府理事官)から中国の碑版法帖の提供を受け、梧竹の六朝書の研究が始まった。
  • 明治15年(1882年、56歳)、梧竹は帰国する余元眉とともに清国に渡り、余元眉の師潘存のもとで古碑、拓本の蒐集・研究に没頭する。
  • 明治17年(1884年、58歳)、帰国し、明治24年(1891年、65歳)のとき、王羲之十七帖臨書明治天皇に献上した。
  • 80代半ばより、自らの書の歩みの集大成となる『梧竹堂書話』の執筆を始めている。
  • 大正2年(1913年、87歳)、生涯を閉じた。

著書[編集]

  • 『梧竹堂書話』

脚註[編集]

  1. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「中林梧竹石碑一覧表」及び各石碑写真(勝山城博物館 2017年)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「中林梧竹」(『芸術新聞社、1981年5・6月号)
  • 林淳 『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』(勝山城博物館 2017年4月)

関連文献[編集]

  • 『書と禅』大森曹玄 1975年 新装版第二版 春秋社 p.82