中標津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中標津駅
中標津駅(1989年3月)
中標津駅(1989年3月)
なかしべつ
Nakashibetsu
所在地 北海道標津郡中標津町東2条南2丁目
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
電報略号 ナヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1914年大正3年)10月1日
廃止年月日 1989年平成元年)4月30日
乗入路線 2 路線
所属路線 標津線
キロ程 47.1km(標茶起点)
当幌 (6.4km)
(8.1km) 上武佐
所属路線 標津線(支線)
キロ程 0.0km(中標津起点)
(5.4km) 協和
備考 標津線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の中標津駅と周囲約750m範囲。右上が根室標津方面、左下へ上側本線標茶方面と下側厚床支線厚床方面の2本が並行する。車庫線には転車台が残されている。その駅裏には新しくコンテナ基地が設けられている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

中標津駅(なかしべつえき)は、北海道標津郡中標津町東2条南2丁目にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)標津線である。電報略号ナヘ。標津線の廃止に伴い、1989年(平成元年)4月30日に廃駅となった。

駅跡地には中標津町交通センターが建てられている。

歴史[編集]

  • 1914年(大正3年)10月1日:官設中標津駅逓所が開設される。
  • 1925年(大正14年)5月:殖民軌道根室線の中標津停留場が設置される。
  • 1930年(昭和5年)6月10日:官設中標津駅逓所が廃止される。
  • 1934年(昭和9年)10月1日:鉄道省標津線(旧)の駅として開業。釧路機関庫中標津駐泊所設置。
  • 1937年(昭和12年)10月30日:鉄道省標茶線(計根別線)延伸。標津線(旧)が標茶線に編入され、標茶線も標津線(新)に改称。
    • 同年 - 殖民軌道根室線の残存部分(中標津 - 開陽)と中標津停留場が、北海道庁から運行組合に移管。
  • 1943年(昭和18年):殖民軌道中標津停留場が廃止となる。
  • 1963年(昭和38年):中標津駐泊所の火災により、ディーゼルカー2台、モーターカー1台を焼失。
  • 1968年(昭和43年)11月21日:駅舎を改築し、1番線と2・3番線間の跨線橋を設置。
  • 1973年(昭和48年)10月18日コンテナ基地新設。
  • 1984年(昭和59年)2月1日貨物の取り扱いを廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道に承継。
  • 1989年(平成元年)4月30日:標津線の廃線に伴い、廃駅となる。

駅名の由来[編集]

日本語の「中」とアイヌ語の「シ・ペツ」(大きな川)を組み合わせた合成語であり、駅所在地が標津川の中流域に存在することに由来している[1]

駅構造[編集]

廃止時点では、単式1面と島式1面、計2面3線のプラットホーム(国鉄型配線)と線路を有する地上駅であった。駅舎は、構内の北側(標茶に向かって右側)に有った。

番線 路線 方向 行先 備考
1 標津線 下り 根室標津方面
2 標津線 上り 標茶釧路方面
3 標津線(厚床支線) 上り 厚床方面 当駅が分岐駅

その他に、南側に3本の主要側線が有った。

貨物および荷物取り扱い廃止までは、貨物積降場が2箇所有り、1箇所は北側(駅舎側)根室標津方面に有って切欠ホームへ貨物積降線が引かれ、もう一つは南側根室標津方面の貨物ホーム、後のコンテナ取り扱い場へ引かれていた。 その他に、根室標津方面は本線左右に2本、標茶方面は南側に1本、計3本の留置線(引き上げ線)が有り、また根室標津方面の本線と南側貨物ホームの間に転車台と車庫へ向かう入出区線が1本有った。取り扱い廃止後はこれらの内の南側2本に、新たに車庫が設けられた。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
標津線(本線)
当幌駅 - 中標津駅 - (東標津信号場) - 上武佐駅
標津線(支線)
中標津駅 - 協和駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中標津町 歴史・文化・史跡”. 北海道根室振興局. 2018年7月8日閲覧。

関連項目[編集]