中橋一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中橋 一夫(なかはし かずお、1911年3月1日 - 1957年8月20日)は、英文学者。

本名・太郎。東京帝国大学英文科卒業。ジョン・ミドルトン・マリT・S・エリオット、チャールズ・モーガンなどの著作を翻訳し、1948年、『道化の宿命』を著し、東京大学教養学部助教授を務め、戦後日本英文学の新星として将来を嘱望され、文芸雑誌などにも健筆を揮ったが、英国留学中、病を得て慌しく帰国し、まもなく死去。

著書[編集]

  • 道化の宿命 シェイクスピアの文学 中央公論社, 1948
  • 二十世紀の英文学 研究社出版, 1950
  • ロレンス 研究社出版, 1955 (新英米文学評伝叢書)
  • 現代イギリス文学入門 研究社出版, 1956
  • 現代英文学ノート 南雲堂, 1957

翻訳[編集]

  • キーツの手紙 青木書店, 1940
  • キリストの生涯 ジョン・ミドルトン・マリー 実業之日本社, 1941
  • 芸術的意想 オスカー・ワイルド 弘文堂書房, 1942
  • 異神を追ひて T・S・エリオット 生活社, 1943
  • 愛について キーツ 角川書店, 1948
  • ニユ・アトランチス フランシス・ベイコン 日本評論社, 1948
  • 詩とアナキズム ハーバート・リード 大沢正道共訳 創元社, 1952
  • ドストエフスキー E・H・カー 松村達雄共訳 社会思想研究会出版部, 1952
  • 民衆の芸術 ウイリアム・モリス 岩波文庫, 1953
  • 脱出路 リヴァ・ライン モーガン 岩波書店, 1954
  • 西欧社会の理念 T.S.エリオット 新潮社, 1954
  • ある教授 自由主義者の悲劇 レックス・ウォナー 岩波書店, 1955

参考[編集]