中橋 (渡良瀬川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中橋
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
栃木県道38号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
栃木県道116号標識

中橋(なかばし)は、栃木県足利市渡良瀬川に架かる栃木県道38号足利千代田線栃木県道116号足利市停車場線。橋長296.08m、幅員11.00m[1][2]

概要[編集]

足利市通2丁目と同市南町の間を結んでおり、上流側には渡良瀬橋が、下流側には田中橋がそれぞれ架かっている。

足利市中心部と東武伊勢崎線足利市駅を結ぶ橋として1936年(昭和11年)に開通[3]。緑色の鉄骨アーチ構造の橋で夜間は326個のイルミネーションが点灯されている。

中橋では水防上の理由から架け替えが計画されており2022年に着工する予定である[4]。新橋の工期は約10年で両毛線をまたいで架橋されるため旧橋のたもとにあった踏切は廃止となる予定[4]。新橋完成後はもとの三連アーチ橋は下流側に数メートル移設され歩行者と自転車の専用橋となる[4]

痛車イベント[編集]

2010年11月以降、中橋緑地多目的広場(左岸)において、足利ひめたま委員会主催の痛車イベントが度々開催されている(あしかがひめたまの項を参照)。

風景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渡良瀬川河川維持管理計画(国土交通大臣管理区間編) (PDF) 巻-15(P115) - 国土交通省関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所
  2. ^ 渡良瀬川河川事務所によると幅員は17.5mとなっているが、実際にはそこまで広くなく、外部リンク(栃木県の土木遺産)の情報によると幅員は11.0mとなっているので、この数字は誤りと思われる。
  3. ^ 橋梁点検結果(栃木県管理橋梁) 栃木県、2021年2月6日閲覧。
  4. ^ a b c “足利 中橋架け替え問題 住民らの思い複雑 地元説明会”. 東京新聞. (2020年10月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/61937 2020年10月16日閲覧。 

隣の橋[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯36度19分55秒 東経139度26分55.4秒