中津バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイパス道路
国道10号標識
中津バイパス
一般国道10号バイパス
路線延長 9.9km
陸上区間 9.9km
開通年 1996年
起点 福岡県築上郡上毛町上唐原
終点 大分県宇佐市赤尾
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
接続路線
凡例
RP4
豊前バイパス
RP4xRP2
福岡県道・大分県道16号
RP4oW
山国川
RP4oRP2 RP2sRP2
国道212号
RP4xRP2 RP2rf
大分県道664号
RP4xRP2
大分県道675号
RP4oW WASSER+r
犬丸川
WASSER+l RP4oW WASSERr
WASSERl RP4oW
RP2K+l RP4xRP2 RP2K+r
伊藤田IC
RP2nswRP2 RP4uRP2 RP2nseRP2
国道212号中津日田道路
RP2Kl RP4xRP2 RP2Kr
RP4xRP2
大分県道666号
RP4esRP2
国道213号
RP4eRP2
大分県道629号
RP4xRP2
←大分県道660号
RP4yRP2
国道10号
RP2
宇佐道路

中津バイパス(なかつバイパス)は、福岡県築上郡上毛町から大分県宇佐市に至る、全長9.9 km国道10号バイパスである。北大道路の一部を構成しており、豊前バイパス宇佐道路を結ぶ。

概要[編集]

  • 起点 : 福岡県築上郡上毛町上唐原
  • 終点 : 大分県宇佐市赤尾
  • 全長 : 9.9 km
  • 車線 : 4車線

沿革[編集]

  • 1996年度(平成8年度) : 開通。
  • 2000年度(平成12年度) : 一部4車線化。
  • 2010年(平成22年)3月27日 :新山国大橋を除き全線4車線化。
  • 2020年3月17日 :新山国大橋(築上郡上毛町下唐原 - 大分県中津市三光佐知)4車線化[1]

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
交差する道路 交差する場所 備考 所在地
国道10号豊前バイパス北九州行橋豊前方面
県道16号吉富本耶馬渓線 唐原 福岡県
築上郡上毛町
県道664号円座中津線 新山国大橋 国道212号に間接接続 大分県 中津市
県道675号臼木沖代線 大貞公園入口
国道212号中津日田道路伊藤田IC 伊藤田インター入口
県道666号深秣植野線 宇佐市清水
- 国道213号
県道629号和気佐野線
宇佐市佐野 宇佐市
県道660号山袋久々姥線 国道10号 宇佐市街方面 山下
国道10号宇佐道路宇佐別府道路接続) 大分別府方面

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
唐原交差点 - 山下交差点 4=2+2 60 km/h

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国道10号豊前拡幅のすべての区間が令和2年3月17日(火)12時に4車線化します (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 北九州国道事務所・大分河川国道事務所 (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。

関連項目[編集]