中津川博郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中津川 博郷
なかつがわ ひろさと
生年月日 (1949-04-12) 1949年4月12日(70歳)
出生地 日本の旗神奈川県川崎市
出身校 早稲田大学第一文学部
前職 衆議院議員
江戸川区議会議員
学習塾理事長
所属政党新進党→)
民主党→)
無所属(改革無所属の会)→)
日本維新の会→)
次世代の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
親族 息子・中津川将照(江戸川区議会議員)
公式サイト 前衆議院議員 中津川ひろさと 公式サイト

選挙区 比例東京ブロック
当選回数 3回
在任期間 2000年6月25日 - 2005年8月8日
2009年8月30日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

中津川 博郷(なかつがわ ひろさと、1949年4月12日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(3期)、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員長、江戸川区議会議員を歴任した。元学習塾理事長。

来歴[編集]

神奈川県川崎市出身。神奈川県立多摩高等学校卒業。早稲田大学第一文学部卒業。

大学在学中、江戸川区鹿骨4丁目に「鹿骨進学ゼミ」を開き、後に、「中津義塾」と改め、理事長に就任。「中津義塾」は、区内を中心に都内、千葉県埼玉県、海外にも進出した。

江戸川区議会議員を経て、新進党結党に参加。1996年10月の第41回衆議院議員総選挙では地盤である東京16区からの出馬を希望したが、党本部が佐藤直子を擁立したため県境を挟んで隣接する千葉5区から出馬し惜敗。新進党分党後、民主党に入党。2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では東京16区より出馬し比例復活により初当選した。2003年、比例復活により再選。

日本の領土、生命、財産を守るという政治信念のもとに憲法改正を一貫して主張している。2012年5月3日(憲法記念日)に「新しい憲法をつくる国民大会」で講演した[1]

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では落選。2009年7月の第45回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独で出馬し当選、国政に復帰した。

2012年の消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票を投じた[2][3]。民主党は7月3日の常任幹事会で党員資格停止2カ月の処分とする方針を決定し[4][5][6][7][8]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[9][10][11]

その後の2012年7月18日、野田内閣の増税方針や東京都による尖閣諸島購入計画を批判した丹羽宇一郎中国大使を更迭しない方針を批判し、離党届を提出[12][13]。民主党は離党届を受理せず、31日付で除籍処分とした[14][15]。中津川は衆院会派改革無所属の会」へ入会した[16]。2012年11月、日本維新の会に入党。第46回衆議院議員総選挙では日本維新の会公認で東京16区に出馬したが落選。

2013年、日本維新の会公認で第23回参議院議員通常選挙における比例区での出馬が決まるも、後に出馬見送りとなった[17]

同年9月、元防衛庁長官愛知和男を会長に、中津川、鈴木正孝武山百合子木下厚井脇ノブ子川条志嘉喜納昌吉国会議員経験者8名で「新政策懇話会」を設立し、憲法改正に関する勉強会を行った[18]

2014年11月の第47回衆議院議員総選挙に際して、自身は出馬せずに次期参院選での立候補をめざし、次世代の党の候補者を支援することを表明[19]。中津川が地盤としていた東京16区には石井義哲が公認された[20]

2016年5月31日、おおさか維新の会衆院東京16区支部長就任が発表された[21]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、日本維新の会が希望の党と候補者の棲み分けで合意し[22][23]、東京都の小選挙区の立候補予定者に比例単独に回るよう要請したが[24]、中津川はこれに応じず東京16区から無所属で出馬する意向を表明した[25][26]。しかしその後無所属での出馬を断念し、比例単独3位で出馬し、落選[27][28]

主な所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 憲法記念日-新しい憲法をつくる国民大会-で中津川が講話
  2. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  3. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  4. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  5. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  6. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  7. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  8. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  9. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  10. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  11. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  12. ^ “民主・中津川氏が離党届=増税、尖閣で政権批判”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月18日). オリジナルの2012年7月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120722083532/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000057-jij-pol 
  13. ^ “民主党の中津川氏が離党届提出 消費税増税と尖閣対応に反発”. 産経新聞. (2012年7月18日). オリジナルの2013年1月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/EBnLw 
  14. ^ “民主、中津川衆院議員の除名決定”. 朝日新聞. (2012年7月31日). オリジナルの2012年7月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120731125905/http://www.asahi.com/politics/update/0731/TKY201207310559.html 
  15. ^ “民主党、新党きづなに対抗馬 中津川氏は除籍”. 産経新聞. (2012年7月31日). オリジナルの2012年7月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120731134530/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120731/stt12073119160007-n1.htm 
  16. ^ “民主、中津川博郷衆院議員を除籍処分”. YOMIURI ONLINE. http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120731-OYT1T01096.htm 2012年7月31日閲覧。 
  17. ^ “中津川氏が出馬見送り 日本維新、参院比例”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130611/stt13061112490001-n1.htm 2013年11月24日閲覧。 
  18. ^ 9/6 新政策研究懇話会設立。中津川が尊敬する愛知和男元防衛庁長官から憲法改正についてのご講話。 - 前衆議院議員 中津川ひろさと 公式サイト
  19. ^ 11/23 先週から平沼赳夫代表、藤井孝男選対委員長、山田宏幹事長と連続して連絡を取り合う。本日午後、中津川ひろさと後援会幹部、支援団体、役員と議論を重ね今回の衆議院選挙への出馬は見合わせ、当初の意向通り次期参議院選挙への出馬を固めた。その旨を山田宏幹事長に伝え了承。中津川は今回、次世代の党公認候補の全力支援を約束。 - 前衆議院議員 中津川ひろさと 公式サイト
  20. ^ 石井よしあき(@ishiiyoshiaki) (2014年11月25日)の投稿
  21. ^ “おおさか維新の会衆議院支部長選任者一覧” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年5月31日), https://o-ishin.jp/news/2016/images/5a04fbcedef14553d33df95e353f5dea17e7dad7.pdf 
  22. ^ “<衆院選>立候補予定者に大きな衝撃 維新「東京は比例で」”. 毎日新聞. (2017年9月30日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000076-mai-soci 
  23. ^ “希望と連携、維新動揺「小選挙区の公認白紙に」”. 読売新聞. (2017年10月1日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171001-OYT1T50028.html 
  24. ^ “【衆院選】維新・東京は比例単独へ 立候補予定者5人に要請”. 産経新聞. (2017年10月1日). http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010061-n1.html 
  25. ^ “衆院選:維新元職、東京で無所属出馬へ”. 毎日新聞. (2017年10月3日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171003/ddm/005/010/138000c 
  26. ^ “「納得できない」「従うしかない」 希望・維新の“すみ分け”で波紋”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21817600T01C17A0CC0000/ 
  27. ^ 東京ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  28. ^ 東京16区の中津川博郷氏が維新・比例へ 選挙区出馬を断念”. 産経新聞 (2017年10月7日). 2017年10月10日閲覧。