中津川村 (鹿児島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なかつがわむら
中津川村
廃止日 1954年12月1日
廃止理由 新設合併
求名村、中津川村、永野村 → 薩摩町
現在の自治体 さつま町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
薩摩郡
面積 19.41km².
総人口 2,758
(『鹿児島県市町村変遷史』p.484、1954年)
隣接自治体 求名村、永野村、宮之城町黒木村
中津川村役場
所在地 鹿児島県薩摩郡中津川村南方字郡山486番地
特記事項 隣接自治体の出典は『鹿児島県市町村変遷史』p.348
姶良郡山田村・横川町ともわずかに隣接している[1]
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中津川村(なかつがわむら)は、1949年から1954年にかけて鹿児島県薩摩郡の北部にあった

薩摩郡大村の飛地部分であった大字南方・大字北方が1949年2月1日に分立し、いわゆる昭和の大合併により1954年12月1日求名村・永野村と合併、薩摩町の一部となった。現在の薩摩郡さつま町中津川にほぼそのまま相当する。

自治体としての歴史[編集]

薩摩郡大村のうち中津川地区は、間に黒木村を挟み、飛地を形成していた。大村役場からは近くとも8km、遠くは16km離れており、不便であるとして1920年代より分村の議論があり、1948年4月10日になって村議会で分村が議決され、同年12月27日の県議会議決を経て、1949年2月1日に中津川村として発足した。当時の人口は2,745人、戸数は469戸、主産業は農林業であった。

昭和の大合併では適正規模とされる人口12,000人をはるかに下回っていたため、鹿児島県は同様に適正規模を下回っていた求名村(約4,200人)・永野村(約4,300人)[2]との合併案を提示、これに従い1954年12月1日に3村が新設合併し薩摩町が発足し、中津川村としての5年の歴史に幕を下ろした。町役場は新町のほぼ中央にあたる宮之城線広橋駅(旧求名村、1987年廃止)付近におかれた。なお、薩摩町は2005年に宮之城町鶴田町と合併し、さつま町の一部となった。

脚注[編集]

  1. ^ 地図により、接するように描かれているものと、接していないように描かれているものに別れる。
  2. ^ 求名村は宮之城町の飛地部分が1922年に独立。永野村は西太良郷(大隅国菱刈郡所属)の一か村であったが、当村のみ薩摩国伊佐郡所属であったため、1889年の町村制施行の際に独立。

参考文献[編集]

  • 鹿児島県総務部参事室『鹿児島県市町村変遷史』鹿児島県、1967年 pp.164-165,348,483-486

関連項目[編集]