中津町 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかつちょう
中津町
廃止日 1925年4月1日
廃止理由 編入合併
西成郡・東成郡計17町27村→大阪市
(大阪市第二次市域拡張)
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
西成郡
総人口 21,508
国勢調査1920年
隣接自治体 大阪市豊崎町神津村鷺洲町
中津町役場
所在地 大阪府西成郡中津町大字下三番
 表示 ウィキプロジェクト

中津町(なかつちょう)は、かつて大阪府にあった町。おおむね、現在の大阪市北区中津および淀川区新北野にあたる。

歴史[編集]

名称は中津川左岸に位置したことに由来する。1898年より開削された新淀川によって南北に分断された。大阪市編入後は、当初東淀川区に所属していたが、中津は1943年に新設の大淀区1989年に北区へ、新北野は1974年に新設の淀川区へ変更された。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、西成郡下三番村、光立寺村、小島新田、小島古堤新田、成小路村が合併して西成郡中津村が発足。大字光立寺に村役場を設置。
  • 1904年(明治37年) 大字下三番に村役場を移転。
  • 1910年(明治43年) 大字小島古堤新田を小島古堤に改称。
  • 1911年(明治44年)2月1日 町制施行。西成郡中津町となる。
  • 1925年(大正14年)4月1日 大阪市に編入され、東淀川区中津町(下三番が改称)、中津本町(光立寺が改称)、新島町(小島新田が改称)、古島町(小島古堤が改称)、十三南之町(成小路が改称)となる。

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 27(大阪府)』(角川書店、1983年) ISBN 978-4-04-001270-4

関連項目[編集]