中澤沙耶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 中澤沙耶 女流初段
名前 中澤沙耶
生年月日 (1996-05-14) 1996年5月14日(22歳)
プロ入り年月日 2015年4月1日(18歳)
棋士番号 53
出身地 愛知県江南市
師匠 杉本昌隆
段位 女流初段
戦績
2016年4月1日現在

中澤 沙耶(なかざわ さや、1996年5月14日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は53。杉本昌隆門下。愛知県江南市出身[1]愛知県立丹羽高等学校卒業。2015年4月、名城大学入学[2]

棋歴[編集]

女流プロになるまで[編集]

小学4年で将棋を始め、尾張一宮将棋同好会に入会し、その後東海研修会に入会した。2013年7月、研修会でC1クラスに昇級し、女流3級資格を得た[3]。女流タイトル戦本戦入りの実績があったため、この時点で女流2級となることが可能であった。2015年3月、大学入学が決まったためプロ入りを決断し、資格申請を以って4月1日付での女流2級(プロ入り)が内定した[4]

アマチュア時代には、2010年に女子アマ王位戦[5]、2011年にアマチュア女王戦[6]、女流アマ名人戦[7]で優勝した。また、女流プロ棋戦では、第5、6期マイナビ女子オープンと第35、36期霧島酒造杯女流王将戦で女流タイトル戦本戦入りした(いずれも2回戦で敗退)[2]

地元愛知では既に有名だった、藤井聡太の小学生前からを知る1人である。弟子入りが藤井より遅かったため、年少の兄弟子(藤井から見れば年長の妹弟子)ということになった。

女流プロ入り後[編集]

2015年4月1日付で女流2級としてプロ入り。

プロ入りしてすぐ頭角を現す。第23期倉敷藤花戦で、プロデビュー戦となる1回戦(4月9日)で北村桂香に勝つと、2回戦(5月16日)では長谷川優貴に勝利。6月20日の3回戦では山根ことみを破り、ベスト8に進出。規定により、早くも女流1級への昇級を果たした。準々決勝では里見香奈に敗れた。また、2015年度の公式戦成績を13勝7敗とし、昇級・昇段規定の「女流1級で年度成績指し分け以上(7勝以上)」により、2016年4月1日付で女流初段へ昇段した[8]

2016年の女子将棋YAMADAチャレンジ杯でベスト4進出。 2018年8月19日に公開対局として行われたYAMADA女流チャレンジ杯では、山根ことみ(準決勝)と石本さくら(決勝)を破り、初の棋戦優勝をした[9]

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中澤沙耶|女流棋士データベース”. 日本将棋連盟. 2015年4月10日閲覧。
  2. ^ a b =中澤沙耶さんが4月から女流棋士2級に”. 日本将棋連盟 (2015年3月6日). 2015年4月10日閲覧。
  3. ^ a b 東海研修会成績表 2013年7月”. 日本将棋連盟東海普及連合会. 2015年5月6日閲覧。
  4. ^ a b 「いつかタイトルを」 一宮の中沢さん、4月から女流棋士”. 中日新聞 (2015年3月20日). 2015年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月3日閲覧。
  5. ^ 2010女子アマ王位戦 アーカイブ”. 日本女子プロ将棋協会. 2015年4月10日閲覧。
  6. ^ 第20回アマチュア女王戦”. 東京アマチュア将棋連盟. 2015年4月10日閲覧。
  7. ^ 女流アマ名人戦 歴代優勝者一覧”. 日本将棋連盟. 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2016年3月31日). 2016年4月1日閲覧。
  9. ^ 中澤沙耶女流初段が初優勝 YAMADA女流チャレンジ杯”. 日本将棋連盟 (2018年8月19日). 2018年10月19日閲覧。

関連項目[編集]