中田インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中田インターチェンジ
出口付近
出口付近
所属路線 E13 主寝坂道路東北中央自動車道
本線標識の表記 中田
金山北IC (4.9 km)
(5.0 km) 及位IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0344.svg国道344号
供用開始日 2005年平成17年)11月5日
通行台数 x台/日
所在地 999-5411
山形県最上郡金山町中田
備考 横手方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示

中田インターチェンジ(なかだインターチェンジ)は、山形県最上郡金山町中田にある、主寝坂道路インターチェンジである。

かつて、主寝坂道路が南隣りの金山北ICまで全線開通するまでは「中田仮出入口」として整備されていた。

歴史[編集]

  • 1996年平成8年)度 : 主寝坂道路が事業化する[1]
  • 2000年(平成12年)度 : 主寝坂道路の工事に着手する[1]
  • 2005年(平成17年)11月5日 : 主寝坂道路の中田仮出入口(現・中田IC)- 及位IC間が開通する[2]
  • 2008年(平成20年)3月30日 : 主寝坂道路の金山北IC - 中田仮出入口(現・中田IC)間が開通し、中田仮出入口がインターチェンジ化され中田ICとなる[3]

接続する道路[編集]

交通アクセス[編集]

金山町中心部へはかなりの距離があり、町中心部を目指して外沢インターでおりる人はいない。中田・外沢地区、つまり金山町北部のインターチェンジである。

[編集]

E13 主寝坂道路東北中央自動車道
金山北IC - 中田IC - 及位IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 道路事業 事後評価 一般国道13号 主寝坂道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2013年1月29日). 2017年2月23日閲覧。
  2. ^ 一般国道13号主寝坂道路の部分開通について 〜11月5日(土)に部分開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2005年10月3日). 2017年2月23日閲覧。
  3. ^ 国土交通省 山形河川国道事務所が進めてきました、山形県最上郡金山町地内の一般国道13号「主寝坂道路(延長4,900m)」が3月30日(日)午後3時に開通します。”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2008年3月13日). 2017年2月23日閲覧。

関連項目[編集]