中田淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中田 淳一(なかた じゅんいち、1908年(明治41年)1月25日 - 1970年(昭和45年)2月10日[1])は、日本の法学者。専門は民事手続法

略歴[編集]

1月 - 滋賀県高島郡に生まれる
3月 - 滋賀県立膳所中学校旧制中学校)卒業
3月 - 姫路高等学校 (旧制)旧制高等学校)卒業
4月 - 京都帝国大学法学部入学
11月 - 高等文官試験司法科試験合格
3月 - 京都帝国大学法学部卒業
4月 - 京都帝国大学法学部助手
8月 - 京都帝国大学法学部助手を辞職(滝川事件による)
9月 - 立命館大学法学部助教授
3月 - 立命館大学法学部助教授を辞職
4月 - 京都帝国大学法学部助手
4月 - 京都帝国大学法学部助教授
9月 - 京都帝国大学法学部教授
10月 - 京都大学法学部教授(大学の名称変更による)
6月 - 法学博士(京都大学)(学位論文「訴訟及び仲裁の法理」)
1月 - 京都大学法学部長(1964年12月まで)[2]
11月 - 日本民事訴訟法学会理事長(1969年まで)[3]

その他の職歴[編集]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『新憲法と司法』(有斐閣、1948年)
  • 『訴訟及び仲裁の法理』(有信堂、1953年)
  • 『民事訴訟法講義 上巻』(有信堂、1954年)
  • 『破産法・和議法(法律学全集37)』(有斐閣、1959年)
  • 『訴と判決の法理』(有斐閣、1972年)
  • 『民事訴訟判例研究』(有斐閣、1972年)

編書[編集]

  • 三ヶ月章らと共編)『ケースブック民事訴訟法』(有信堂、1961年)
  • (三ヶ月章と共編)『民事訴訟法演習 第1・第2』(有斐閣、1963年・1964年)
  • 『民事訴訟法概説 第1・第2』(有斐閣、1968年・1971年)
  • 『民事訴訟法概説』(有斐閣、改訂版1988年・改訂2版1995年)

献呈論文集[編集]

  • 中務俊昌編『民事訴訟の理論 : 中田淳一先生還暦記念 上・下』(有斐閣、1969年・1970年)

門下生[編集]

  • 鈴木正裕…神戸大学名誉教授
  • 谷口安平…京都大学名誉教授
  • 中務俊昌…元京都大学教授
  • 井上正三…元九州大学教授

脚注[編集]

  1. ^ 中田淳一コトバンク
  2. ^ 歴代法学研究科長・法学部長(京都大学法学部、2013年3月16日閲覧)
  3. ^ 日本民事訴訟法学会(2013年3月16日閲覧)