中田節也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中田 節也(なかだ せつや、1952年12月 - )は日本地球科学者火山学者)。東京大学地震研究所教授。専門は火山岩石学、火山地質学。

経歴[編集]

1952年12月富山県生まれ。富山県立福野高等学校1975年金沢大学理学部卒業、1977年同大大学院理学研究科修士課程修了、1979年九州大学大学院理学研究科博士課程中退。1982年理学博士九州大学)、学位論文は「Petrology of the Osuzuyama acid rocks(尾鈴山酸性岩類の岩石学的研究)」。

九州大学理学部に1979年から1995年までの16年間にわたって助手として在籍。その間、1991年6月に雲仙普賢岳の火砕流災害が発生。普賢岳が研究フィールドであった中田は、この頃頻繁にマスコミに登場することになる。

1995年より東京大学地震研究所助教授(のちに教授)。地震研究所では雲仙科学掘削プロジェクト(普賢岳火道掘削)で普賢岳の火道から岩石採取に成功、火道のメカニズムを明らかにした。

2007年よりIAVCEI(国際火山学及び地球内部化学協会)の会長をつとめる。

日本ジオパーク委員会委員(火山学会選出)。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 吉川弘之ほか 『防災』 東京大学出版会〈東京大学公開講座〉、1996年、ISBN 4-13-003093-0。
  • 土木学会誌編集委員会編 『火山噴火に備えて : 富士山噴火はいつ』 土木学会〈土木学会誌叢書〉、2005年、ISBN 4-8106-0533-7。
  • 「富士火山」編集委員会(日本火山学会)編 『富士火山』 山梨県環境科学研究所、2007年、ISBN 978-4-9903350-0-7。