中田金一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中田 金一
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府
生年月日 (1921-02-11) 1921年2月11日
没年月日 (2008-12-13) 2008年12月13日(満87歳没)
身長
体重
167 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1950年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中田 金一(なかた きんいち、1921年2月11日 - 2008年12月13日[1])は大阪府出身のプロ野球選手審判員

来歴・人物[編集]

日新商業学校(現:東大阪市立日新高等学校)時代には、1938年選抜甲子園に出場した。1939年大阪タイガースに入団。身長163cmと小柄な選手で、1940年には64試合に出場している。1942年に応召、シベリアに出兵。戦後はシベリア抑留により、すぐに帰国できず、1948年秋に帰国した。しかし、戦争・シベリア抑留の影響か活躍できず、1950年オフに退団。以後はセントラル・リーグの審判員となった。

当初は捕手として入団したが、出場は外野手一塁手のみであった。

ユニークな選手で、選手時代に「金ちゃんは方針を間違えた」(野球選手にならずに、今で言うタレントになった方が良かった)とからかわれたこともあったという。[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 大阪
阪神
11 12 9 1 1 0 0 0 1 1 0 -- 0 0 3 -- 0 3 -- .111 .333 .111 .444
1940 64 175 157 14 35 6 1 1 46 14 1 -- 0 1 17 -- 0 23 -- .223 .299 .293 .592
1941 24 47 40 3 7 1 0 0 8 0 0 -- 1 -- 5 -- 1 5 -- .175 .283 .200 .483
1948 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- .000 .000 .000 .000
1949 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 -- .000 .000 .000 .000
1950 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 106 239 211 18 43 7 1 1 55 15 1 0 1 1 25 -- 1 32 0 .204 .291 .261 .552
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 34 (1939年 - 1941年)
  • 16 (1948年 - 1949年)
  • 23 (1950年)

脚注[編集]

  1. ^ OB NEWS Vol.45 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2010年3月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ 松木謙治郎著「阪神タイガースの生い立ち」より引用。

関連項目[編集]