中登志雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中 登志雄 (中 利夫)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県前橋市
生年月日 1936年4月28日(74歳)
身長
体重
168cm
73kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 中堅手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1972年
経歴(括弧内は在籍年)
選手歴
監督・コーチ歴

中 登志雄(なか としお、1936年4月28日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手外野手)・プロ野球監督野球解説者

登録名を頻繁に変えており、入団時は「利夫」、その後1964年に「三夫」、1965年に「暁生」、引退後は「登志雄」としている。監督時代は「利夫」。コーチ時代は「登志雄」もしくは「利夫」。野球解説者としては本名の「利夫」の表記を使っている。

目次

来歴・人物

前橋高校では投手を務めた。高校は進学校であり東京大学を志したこともあったほどの秀才であったという。

1955年中日ドラゴンズに入団。高木守道とともに1・2番を構成した。足が速く、1960年盗塁王を獲得。翌1961年にはシーズン11三塁打を記録(これは現在もセ・リーグ記録)。打席では、球をよく引き付け捕手が捕球する直前にバットを出す打法だったことに加え、低めの投球には体を伸ばし、高めの投球には体を縮めてストライクゾーンを移動させボールカウントを稼ぐちょうちん打法(伸び縮みするところから)を得意としていた。これを防ぐため、捕手は打席に近い位置で捕球することを試みた結果、ミットとバットが接触し、打撃妨害となることが多かった。通算で21の打撃妨害は日本プロ野球記録。セーフティーバントを得意とし、1967年には王貞治近藤和彦との打率争いでセーフティーバントを連続して成功させたことが功を奏し、首位打者を獲得。プロ初安打もセーフティーバントであった。

また、守備範囲も広く、1963年1965年にシーズン350刺殺のセ・リーグ記録をマーク。長嶋茂雄は「あらかじめ打球の落下点にいた野手の最たるもの。右中間や左中間に打ち返して『よし、長打だ!』と走り出すと、中が何事もなく捕球してスタスタ帰ってくる。それを見て何度もガクッときた」とその守備を称えている。

上記刺殺記録をマークした時のグラブは、1961年に同僚の投手・西尾慈高が持っていたアメリカ製グラブを手にはめたところ、驚くほど感触が良かったため、西尾を拝み倒してそのグラブを譲り受けたものである(西尾には、かわりに新品のグラブをプレゼントした)。以来、ボロボロになっても補修しながら、引退まで使い続けた。なぜ新品に替えないのか尋ねられると「右手の手のひらがケガしたら、どうやって取り替えるんですか?」と発言した。 現役引退後、プロ野球マスターズリーグに出場した際、新品のグラブでフライを落球したため、ナゴヤドームに展示されているその西尾から譲り受けたグラブを取り寄せ、使った。

1972年の引退後はコーチとなり、1978年から1980年に監督を務める。チーム待望の生え抜き監督であると同時に片腕として西鉄出身の鉄腕・稲尾和久を投手コーチに招聘し話題になったが就任3年目に最下位に転落した。CBC野球解説者を経て、1984年から1986年まで監督経験者では珍しく中日守備走塁コーチ。1987年から1988年まで広島東洋カープで守備走塁コーチ、1989年から1990年まで二軍監督。1991年からテレビ愛知の野球解説者。

現在は、三重テレビ野球解説者と中日新聞野球評論家を務めている。プロ野球マスターズリーグの名古屋80D'sersに監督・選手として参加(現在はコーチ)。2003年から2006年まで中日OB会の会長も務めた。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1955 中日 17 19 17 3 3 0 0 0 3 0 2 0 0 0 2 0 0 3 2 .176 .263 .176 .440
1956 119 413 385 39 101 17 6 3 139 26 14 11 11 1 13 0 1 33 2 .262 .288 .361 .649
1957 87 252 233 24 55 7 0 2 68 17 15 6 5 3 11 0 0 14 0 .236 .267 .292 .559
1958 97 391 339 47 84 15 2 5 118 24 26 7 28 5 16 0 2 19 2 .248 .282 .348 .630
1959 75 310 267 54 71 12 1 15 130 38 10 9 9 1 29 1 2 23 1 .266 .341 .487 .828
1960 130 531 465 80 145 21 9 7 205 31 50 15 11 2 48 3 2 38 3 .312 .377 .441 .818
1961 128 544 480 88 130 14 11 13 205 39 30 17 11 3 46 4 3 36 2 .271 .336 .427 .763
1962 127 522 477 51 131 15 10 6 184 33 11 21 6 2 36 2 0 38 4 .275 .324 .386 .710
1963 136 584 516 79 127 10 4 13 184 45 27 9 15 3 48 1 0 28 3 .246 .309 .357 .665
1964 133 557 500 70 131 23 10 14 216 44 27 8 14 5 35 1 2 28 4 .262 .310 .432 .742
1965 133 531 477 72 135 11 8 6 180 33 26 12 6 2 45 2 1 25 1 .283 .345 .377 .722
1966 122 525 475 79 153 23 3 18 236 47 22 7 4 4 39 6 1 27 2 .322 .372 .497 .869
1967 101 423 376 65 129 20 5 10 189 36 25 13 1 4 39 5 0 27 1 .343 .401 .503 .904
1968 61 246 232 42 76 10 3 5 107 17 14 6 1 0 13 1 0 18 2 .328 .363 .461 .824
1969 119 493 458 58 133 24 7 10 201 50 19 9 8 1 26 1 0 39 2 .290 .328 .439 .767
1970 116 427 390 49 106 13 1 7 142 29 10 6 6 0 27 4 3 36 5 .272 .324 .364 .688
1971 108 349 308 31 67 10 0 4 89 20 12 6 9 1 31 4 0 26 3 .218 .288 .289 .577
1972 68 219 186 20 43 4 1 1 52 12 7 5 8 2 21 1 0 15 5 .231 .306 .280 .586
通算:18年 1877 7315 6581 951 1820 249 81 139 2648 541 347 167 153 29 525 36 17 473 44 .277 .330 .402 .733
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰

個人記録

  • 1000試合出場:1964年8月3日(史上87人目)
  • オールスターゲーム出場:6回 (1959年、1960年、1966年、1967年、1969年、1970年)

年度別監督成績

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1978年 中日 5位 130 53 71 6 .427 20 141 .252 4.45 42歳
1979年 3位 130 59 57 14 .509 7.5 155 .268 3.97 43歳
1980年 6位 130 45 76 9 .372 30 134 .261 4.43 44歳
通算:3年 390 157 204 29 .435 Aクラス1回、Bクラス2回
※1978年から1996年までは130試合制

解説者としての出演番組

現在の出演番組
過去の出演番組

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
平愛梨 畑岡奈紗 檀れい 福島千里 本田圭佑 ブラックペアン 大迫勇也 及川光博 水野由結 アリウ・シセ 栗原小巻 西尾まり 形容詞句 川島永嗣 乾貴士 柴崎岳 大阪北部地震 2018 FIFAワールドカップ 林田尚親 小柳ルミ子
「中登志雄」のQ&A
1  動物園を舞台としたアニメ、漫画教えて
2  名作でおもしろいマンガを教えてください
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について