中窪裕也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中窪 裕也(なかくぼ ひろや、1957年12月15日- )は、日本の法学者一橋大学大学院法学研究科教授。専門は労働法冲永賞、労働関係図書優秀賞受賞[1]中央労働委員会公益委員。

経歴[編集]

人物・特色[編集]

  • 東京大学在学中は菅野和夫ゼミの一員として菅野に師事するが、中窪は菅野の唱える「労働組合中心主義(団交中心主義)」を採らず、労働組合は労働条件を決定する演者のひとつに過ぎず、あくまでも労働者個人と使用者が対等な立場で労働条件が決定されるという自論を持つ。
  • 旧来の労働法学者が大陸法(ドイツ法、フランス法)を研究する中、「労働基準法はアメリカの占領下で制定されたものであり、アメリカの公正労働基準法(FLSA)を研究することで日本の労働法が解明できる」との自論を持ち、アメリカでの法令・判例の分析を日本の労働法研究に生かしている。アメリカ労働法研究の第一人者である。
  • 多くの労働法学者が著す教科書が、労働基準法、労働組合法に基づく集団的労働関係論、個別的労働関係論により構成されているのに対して、中窪はその著書(共著含む)において、一人の労働者が求職する場面から内定、入社、労働条件決定、労働条件変更、労働紛争、そして退職にいたるまで時系列的に問題を論じており、他の労働法学者とは変わった方法論を採っている。近年の労働組合が労働条件決定に及ぼす影響力の低下もあいまって、中窪の著書(共著)『労働法の世界』を教科書として採用する講座も多い。
  • 大の嫌煙家である。

社会的活動[編集]

著書[編集]

  • 『アメリカ労働法』(弘文堂、ISBN 978-4335301025、1995年)
  • 『労働法ロールプレイング』(野田進と共著、有斐閣、ISBN 978-4641044975、2000年)
  • 『国立大学法人の勤務関係ハンドブック』(野田進・和田肇と共著、商事法務、ISBN 978-4785711269、2004年)
  • 『労働法の世界(第7版)』(野田進・和田肇と共著、有斐閣、ISBN 978-4641143777、2007年)

脚注[編集]