中華そば青葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「中華そば 青葉」中野本店

中華そば青葉 (ちゅうかそばあおば) は、1996年(平成8年)に創業した、東京都中野区中野に本店を構えるラーメンおよびつけ麺チェーン店である。青葉系ラーメンの火付け役でもある。

概要[編集]

1996年平成8年)創業。魚系(かつお節、さば節、煮干し)和風スープと、動物系(豚骨トリガラ)スープから脂を分離したものをあわせた醤油味のスープと麺を各店で製造、ラーメン店で販売をしている。[1] このほか、中野本店で提供しているラーメンを再現したカップラーメン、「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」および「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば 麺1.5盛」をサンヨー食品から発売し、コンビニエンスストアを通じて販売している。[2][3][4][5]

歴史[編集]

1996年(平成8年)の創業後は勢力を伸ばし、中野周辺の山の手地区を中心に暖簾分けを進め、首都圏で19ヶ所の支店を構えるまでに成長した[6]。さらに、その存在は顧客のみならず、多くのラーメン店に大きな影響を与え、数多くの「青葉インスパイア系」ラーメン店が登場した[7]
老舗となった2013年(平成25年)にも、テレビ朝日が主催した第1回ラーメン総選挙ラーメン部門で1位を獲得した[8]ほか、2009年(平成21年)には暖簾分けした飯田橋店が、ムック本の「ラーメンWalker2009 東京・埼玉版」の沿線別ランキングで総武線の3位にランクインした。[9] 2014年(平成26年)には「ミシュランガイド東京2015」の「ビブグルマン部門」にノミネートされた。[10]

特徴[編集]

スープ[編集]

東京ラーメンと九州ラーメンをブレンドした「ダブルスープ」を使用することで独特な味を実現している。東京ラーメンの淡泊だが風味の強い和風だしと、九州ラーメンのニオイや脂が強すぎるが濃厚なコクのあるスープ、それぞれの長所を引き立てるため、九州ラーメンのトンコツ、鶏ガラなどの動物系スープから脂を取り除き、東京ラーメンの濃い、かつお節、さば節、煮干しといった魚系の和風スープを合わせている。また、トンコツ、鶏ガラを多く使用するため、一般のラーメンの約3倍のゼラチン質が含まれ、脂分や塩分を控えながらも濃厚な味わいのもととなっている。塩分は、一般のラーメンの約3分の2しか含まれていないとされる。[11]

[編集]

うどん中華麺の良さを合わせるために自主開発しており、小麦の風味を活かすために作りたてのものを使用している。[12]

メニュー[編集]

ラーメン店[編集]

「中華そば」の画像(2015年2月19日、中野本店のもの。)

メニューは以下の4種類のみである。

  • 中華そば
  • 特製中華そば - 「中華そば」に、チャーシューとメンマを増量し味付卵を加えた商品
  • つけ麺
  • 特製つけ麺 - 「つけ麺」に、チャーシューとメンマを増量し味付卵を加えた商品

小売店販売商品[編集]

  • 中華そば 青葉 中野本店中華そば
  • 中華そば 青葉 中野本店 タテビッグ ゆず唐辛子風味
  • 油麩

店舗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[1]
  2. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[2]
  3. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[3]
  4. ^ サンヨー食品公式ホームページ[4]
  5. ^ サンヨー食品公式ホームページ[5]
  6. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[6]
  7. ^ All About グルメ ”【ラーメン】中野の「青葉」が他店に与える影響力とは?”[7]
  8. ^ テレビ朝日 第1回ラーメン総選挙[8]
  9. ^ 市ヶ谷経済新聞[9]
  10. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[10]
  11. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[11]
  12. ^ 中華そば青葉公式ホームページ[12]

関連項目[編集]