中華航空206便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中華航空 206便
Mid Pacific Air NAMC YS-11A-600 Silagi-1.jpg
同型機のYS-11(画像はミッド・パシフィック航空のもの)
出来事の概要
日付 1970年8月12日
概要 悪天候による着陸失敗
現場  台湾 台北市松山区
乗客数 26
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
17
死者数 14
生存者数 17
機種 日本航空機製造YS-11
運用者 台湾の旗 中華航空(現:チャイナエアライン
機体記号 B-156
出発地 台湾の旗 花蓮空港
目的地 台湾の旗 台北松山空港
テンプレートを表示

中華航空206便墜落事故(ちゅうかこうくう206びんついらくじこ)とは、1970年に起きた、台湾中華民国)の航空会社の中華航空(現:チャイナエアライン)の旅客機が墜落した航空事故である。

事故の概略[編集]

1970年8月12日、中華航空206便(機体は日本航空機製造YS-11双発ターボプロップ機、機体記号B-156)は花蓮から台北に向かっていた。206便は当時、悪天候に見舞われており、そのため台北松山空港への着陸アプローチに失敗、空港の西側にある山林に墜落した。一説には圓山飯店(台北で著名な大型ホテル)近くの林に接触しながら墜落したという。

事故機には乗員5名、乗客26名の合計31名が搭乗していたが、この事故で14名が死亡、17名が負傷した。

被害者[編集]

犠牲者の中には宝塚歌劇団花組生徒で池田銀行初代イメージキャラクターであった清月輝がおり、宝塚歌劇団の期待のホープの急死に日本全国が大きな衝撃を受けた。

関連項目[編集]

  • 日本航空123便墜落事故 - 奇遇にも同じ発生日である。しかし、206便の事故は123便の事故より15年前に発生している。